オーストラリア

アンフォラ サペラヴィ 2017 ラ プティ モール 赤ワイン S

INFORMATIONNameAmphora Saperavi La Petite Mortブドウ品種サペラヴィ生産者名ラ プティ モール産地オーストラリア/クイーンズランド州/グラニットベルトRegionAustralia/Queensland/Granite Belt内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating

アンフォラ サペラヴィ 2017 ラ プティ モール 赤ワイン S —— 4,600円

オーストラリア

ウォーターヴェイル リースリング 2018 コーナー 白ワイン S

INFORMATIONNameWatervale Riesling Koerner Wineブドウ品種リースリング生産者名コーナー ワイン産地オーストラリア/南オーストラリア州/クレア・ヴァレーRegionAustralia/South Australia/Clare Valley内容量mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating

ウォーターヴェイル リースリング 2018 コーナー 白ワイン S —— 2,900円

オーストラリア

エステート シャルドネ 2016 バス フィリップ 白ワイン S

■輸入元様資料より抜粋■ バスフィリップで唯一生産されている白ワイン。良作年のみプレミアムが生産されるがフィリップ氏が射止めない年は全てエステートワインとしてリリースされる。 過去数年間一貫したスタイルで造られているシャルドネ。フローラルな香り、メロン、シトラス、ナッツ。中心に自然な酸が座っておりミネラルが顕著に感じる。 Leongatha Vineyard vineyardで1ヘクタール当たり9000本の葡萄が植えられている区画で1エーカー当たり1.3トンの終了。およそ20%の新樽を使用。 INFORMATIONNameEstate Chardonnay Bass Phillipブドウ品種シャルドネ生産者名バス・フィリップ産地オーストラリア/ヴィクトリア/ギプスランドRegionAustralia/Victoria/Gippsland内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating オーストラリアの アンリ・ジャイエ!? 豪州随一の造り手! 大胆な発言かもしれません。 でも、 オーストラリアでひとり 例えるなら、私は彼を挙げたいと思います。 生み出すワイン、その歴史、哲学のあるワイン造り。どれをとっても、やっぱり 『普通じゃない』オーラ をヒシヒシと感じます。 その人の名は、フィリップ・ジョーンズ。バス・フィリップと言う名のワイナリーのオーナーです。 彼との出会いは、日本で行われた、数年前のオーストラリア・ワインの展示会での事でした。 『あっ、何だか美味しそうなピノ♪』 何気に差し出したグラスに注がれたそのワインの香りに、 ショックに近い驚き を受けたのは言うまでもありません。 『このピノ、凄いかも…この人、何者?』 既に長年にわたりキャリアを積んだであろう氏の朗々と語るその姿に、一瞬にして惹き付けられました。 そこにはたった2種のピノしかなかったにも関わらず、彼のワインが、間違いなくすごいものである事は 確信 できました。 その時、あまりの驚き、賑わいを見せた会場の喧騒の中、忙しそうな彼とは少ししか話せませんでしたが、帰ってからもますますその味わいの記憶は鮮明になるばかり。 後になって、彼のワインが カリスマ的存在 である事、日本未輸入のこのワインを、輸入を手掛ける人々が、こぞって狙っていること、かつて、デュクリュ・ボーカイユのワインに魅了され、その後、大きな影響を受けたのは、 アンリ・ジャイエ のワインであり、今、彼がこの素晴らしいワインを手掛けているのに、多大なる影響を与えた人物その人が、やはりアンリ・ジャイエ氏であったことなど、様々な事を知りました。 が、その時、彼のワインは日本未輸入だったのです… 熱烈な日本のインポーターのラブコールに彼は応えてくれるのか。応えたくても、生産量の少なさゆえ、輸出を果たすことが出来るのか…。 そんな思いを抱えながら、一年近くが過ぎた頃、オーストラリアの展示会のため、シドニーに出向く機会に恵まれました。 こぞって名生産者が並ぶ中、最も端のブースに、バス・フィリップの名を発見! はやる気持ちを抑え、ひとりでに緩む頬を気にしつつ、向かったその先は、わざわざ出向かないと分からないであろう、ひっそりとした区画。 そして、そこに見える、ブースを取り囲む沢山の 人・人・人! 参加しているのは、殆どがオーストラリア現地のプロの人々です。そう、彼らは知っているのです。 この人の偉大さ 、このワインの美味しさを! しかも、嬉しいことに、ダンボールの裏に図を描き、熱心にワイン造りについて語るフィリップ氏。私の顔を覚えてくださっていたのです! お恥ずかしながら、嬉しさのあまり、 隠し切れない笑みが印象に残っていたとか(笑) その時、彼のワインが前回の二種だけでなく、シャルドネやガメイもあり、さらにはガメイがこれまた 『ピノ!?』 と思わせるエレガントな芳香、味わいである事にまたまたびっくり! 嬉しそうに飲む私を見て、現地の人も『お前、ここのワインの美味しさ知ってるのか?』と、悔しそう(笑) そう、知ってます。私だけでなく、ワイン好きが放っておくわけがありません。 そしてやっと、念願の日本入荷を果たしたのです! テロワールの考えを常に大事に、 独自のワイン哲学を究める 、フィリップ・ジョーンズ氏。 時には、エーカーあたり1トン以下という、非常に少ない収量。毎年の生産量もわずか数百ケースのみと極少々。全てに妥協をしない彼は、年によっては一樽分のみのリザーブワインが瓶詰めされるといったようなこともあるとか。 天然酵母、自然な栽培、醸造など、一切の手間を惜しまず、こだわりのワインだけを生み出す、バス・フィリップ。 とにかく、彼の存在、そのワインも、私にとっては 『オーストラリアのアンリ・ジャイエ』 と、呼びたくなる存在です。 とにかく、こだわり優先ですから、入荷はとってもとっても不安定です。来年本当に、またワインが入ってくるのか… 正直、オーストラリアまで引き取りに行きたいくらいです。

エステート シャルドネ 2016 バス フィリップ 白ワイン S —— 7,900円

オーストラリア

エステート シャルドネ 2016 バス フィリップ 白ワイン S

■輸入元様資料より抜粋■ バスフィリップで唯一生産されている白ワイン。良作年のみプレミアムが生産されるがフィリップ氏が射止めない年は全てエステートワインとしてリリースされる。 過去数年間一貫したスタイルで造られているシャルドネ。フローラルな香り、メロン、シトラス、ナッツ。中心に自然な酸が座っておりミネラルが顕著に感じる。 Leongatha Vineyard vineyardで1ヘクタール当たり9000本の葡萄が植えられている区画で1エーカー当たり1.3トンの終了。およそ20%の新樽を使用。 INFORMATIONNameEstate Chardonnay Bass Phillipブドウ品種シャルドネ生産者名バス・フィリップ産地オーストラリア/ヴィクトリア/ギプスランドRegionAustralia/Victoria/Gippsland内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating オーストラリアの アンリ・ジャイエ!? 豪州随一の造り手! 大胆な発言かもしれません。 でも、 オーストラリアでひとり 例えるなら、私は彼を挙げたいと思います。 生み出すワイン、その歴史、哲学のあるワイン造り。どれをとっても、やっぱり 『普通じゃない』オーラ をヒシヒシと感じます。 その人の名は、フィリップ・ジョーンズ。バス・フィリップと言う名のワイナリーのオーナーです。 彼との出会いは、日本で行われた、数年前のオーストラリア・ワインの展示会での事でした。 『あっ、何だか美味しそうなピノ♪』 何気に差し出したグラスに注がれたそのワインの香りに、 ショックに近い驚き を受けたのは言うまでもありません。 『このピノ、凄いかも…この人、何者?』 既に長年にわたりキャリアを積んだであろう氏の朗々と語るその姿に、一瞬にして惹き付けられました。 そこにはたった2種のピノしかなかったにも関わらず、彼のワインが、間違いなくすごいものである事は 確信 できました。 その時、あまりの驚き、賑わいを見せた会場の喧騒の中、忙しそうな彼とは少ししか話せませんでしたが、帰ってからもますますその味わいの記憶は鮮明になるばかり。 後になって、彼のワインが カリスマ的存在 である事、日本未輸入のこのワインを、輸入を手掛ける人々が、こぞって狙っていること、かつて、デュクリュ・ボーカイユのワインに魅了され、その後、大きな影響を受けたのは、 アンリ・ジャイエ のワインであり、今、彼がこの素晴らしいワインを手掛けているのに、多大なる影響を与えた人物その人が、やはりアンリ・ジャイエ氏であったことなど、様々な事を知りました。 が、その時、彼のワインは日本未輸入だったのです… 熱烈な日本のインポーターのラブコールに彼は応えてくれるのか。応えたくても、生産量の少なさゆえ、輸出を果たすことが出来るのか…。 そんな思いを抱えながら、一年近くが過ぎた頃、オーストラリアの展示会のため、シドニーに出向く機会に恵まれました。 こぞって名生産者が並ぶ中、最も端のブースに、バス・フィリップの名を発見! はやる気持ちを抑え、ひとりでに緩む頬を気にしつつ、向かったその先は、わざわざ出向かないと分からないであろう、ひっそりとした区画。 そして、そこに見える、ブースを取り囲む沢山の 人・人・人! 参加しているのは、殆どがオーストラリア現地のプロの人々です。そう、彼らは知っているのです。 この人の偉大さ 、このワインの美味しさを! しかも、嬉しいことに、ダンボールの裏に図を描き、熱心にワイン造りについて語るフィリップ氏。私の顔を覚えてくださっていたのです! お恥ずかしながら、嬉しさのあまり、 隠し切れない笑みが印象に残っていたとか(笑) その時、彼のワインが前回の二種だけでなく、シャルドネやガメイもあり、さらにはガメイがこれまた 『ピノ!?』 と思わせるエレガントな芳香、味わいである事にまたまたびっくり! 嬉しそうに飲む私を見て、現地の人も『お前、ここのワインの美味しさ知ってるのか?』と、悔しそう(笑) そう、知ってます。私だけでなく、ワイン好きが放っておくわけがありません。 そしてやっと、念願の日本入荷を果たしたのです! テロワールの考えを常に大事に、 独自のワイン哲学を究める 、フィリップ・ジョーンズ氏。 時には、エーカーあたり1トン以下という、非常に少ない収量。毎年の生産量もわずか数百ケースのみと極少々。全てに妥協をしない彼は、年によっては一樽分のみのリザーブワインが瓶詰めされるといったようなこともあるとか。 天然酵母、自然な栽培、醸造など、一切の手間を惜しまず、こだわりのワインだけを生み出す、バス・フィリップ。 とにかく、彼の存在、そのワインも、私にとっては 『オーストラリアのアンリ・ジャイエ』 と、呼びたくなる存在です。 とにかく、こだわり優先ですから、入荷はとってもとっても不安定です。来年本当に、またワインが入ってくるのか… 正直、オーストラリアまで引き取りに行きたいくらいです。

エステート シャルドネ 2016 バス フィリップ 白ワイン S —— 7,900円

オーストラリア

ガメイ 2016 バス フィリップ 赤ワイン S

■輸入元様資料より抜粋■ “Romaneche” cloneという非常にレアなクローンを1988年に植樹、1ヘクタール当たり8500〜9000本の葡萄が植えられた区画。非常に大きな房を付ける。 ガメイのワインとしてはオーストラリアでも最も早く醸造され最も優れたガメイワインをしてオーストラリアでも名を馳せている。 品種の特徴がハッキリと現われておりワイルドベリーやプラムのフレーバーがありしっかりとした酸味と一緒に果実味が感じられる。ピノノワールのような余韻の長さはないがフレッシュさと酸が十分な満足感を残してくれる。 明るく鮮やかなルビー色。やや重心の低い香りです。 ラズベリー や プラム など赤黒両方の果実に、ほんのりと 土っぽさやキノコ 、 温かみの感じるスパイス が重なります。 じわっと凝縮した旨味やエキス分 をたっぷりと含んでいて、良い意味でガメイではないような 艶っぽさ が感じられました。 一口飲んで満足感が得られる旨口のガメイ です。 (2018年11月30日試飲) INFORMATIONNameGamay Bass Phillipブドウ品種ガメイ生産者名バス・フィリップ産地オーストラリア/ヴィクトリア/ギプスランドRegionAustralia/Victoria/Gippsland内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating オーストラリアの アンリ・ジャイエ!? 豪州随一の造り手! 大胆な発言かもしれません。 でも、 オーストラリアでひとり 例えるなら、私は彼を挙げたいと思います。 生み出すワイン、その歴史、哲学のあるワイン造り。どれをとっても、やっぱり 『普通じゃない』オーラ をヒシヒシと感じます。 その人の名は、フィリップ・ジョーンズ。バス・フィリップと言う名のワイナリーのオーナーです。 彼との出会いは、日本で行われた、数年前のオーストラリア・ワインの展示会での事でした。 『あっ、何だか美味しそうなピノ♪』 何気に差し出したグラスに注がれたそのワインの香りに、 ショックに近い驚き を受けたのは言うまでもありません。 『このピノ、凄いかも…この人、何者?』 既に長年にわたりキャリアを積んだであろう氏の朗々と語るその姿に、一瞬にして惹き付けられました。 そこにはたった2種のピノしかなかったにも関わらず、彼のワインが、間違いなくすごいものである事は 確信 できました。 その時、あまりの驚き、賑わいを見せた会場の喧騒の中、忙しそうな彼とは少ししか話せませんでしたが、帰ってからもますますその味わいの記憶は鮮明になるばかり。 後になって、彼のワインが カリスマ的存在 である事、日本未輸入のこのワインを、輸入を手掛ける人々が、こぞって狙っていること、かつて、デュクリュ・ボーカイユのワインに魅了され、その後、大きな影響を受けたのは、 アンリ・ジャイエ のワインであり、今、彼がこの素晴らしいワインを手掛けているのに、多大なる影響を与えた人物その人が、やはりアンリ・ジャイエ氏であったことなど、様々な事を知りました。 が、その時、彼のワインは日本未輸入だったのです… 熱烈な日本のインポーターのラブコールに彼は応えてくれるのか。応えたくても、生産量の少なさゆえ、輸出を果たすことが出来るのか…。 そんな思いを抱えながら、一年近くが過ぎた頃、オーストラリアの展示会のため、シドニーに出向く機会に恵まれました。 こぞって名生産者が並ぶ中、最も端のブースに、バス・フィリップの名を発見! はやる気持ちを抑え、ひとりでに緩む頬を気にしつつ、向かったその先は、わざわざ出向かないと分からないであろう、ひっそりとした区画。 そして、そこに見える、ブースを取り囲む沢山の 人・人・人! 参加しているのは、殆どがオーストラリア現地のプロの人々です。そう、彼らは知っているのです。 この人の偉大さ 、このワインの美味しさを! しかも、嬉しいことに、ダンボールの裏に図を描き、熱心にワイン造りについて語るフィリップ氏。私の顔を覚えてくださっていたのです! お恥ずかしながら、嬉しさのあまり、 隠し切れない笑みが印象に残っていたとか(笑) その時、彼のワインが前回の二種だけでなく、シャルドネやガメイもあり、さらにはガメイがこれまた 『ピノ!?』 と思わせるエレガントな芳香、味わいである事にまたまたびっくり! 嬉しそうに飲む私を見て、現地の人も『お前、ここのワインの美味しさ知ってるのか?』と、悔しそう(笑) そう、知ってます。私だけでなく、ワイン好きが放っておくわけがありません。 そしてやっと、念願の日本入荷を果たしたのです! テロワールの考えを常に大事に、 独自のワイン哲学を究める 、フィリップ・ジョーンズ氏。 時には、エーカーあたり1トン以下という、非常に少ない収量。毎年の生産量もわずか数百ケースのみと極少々。全てに妥協をしない彼は、年によっては一樽分のみのリザーブワインが瓶詰めされるといったようなこともあるとか。 天然酵母、自然な栽培、醸造など、一切の手間を惜しまず、こだわりのワインだけを生み出す、バス・フィリップ。 とにかく、彼の存在、そのワインも、私にとっては 『オーストラリアのアンリ・ジャイエ』 と、呼びたくなる存在です。 とにかく、こだわり優先ですから、入荷はとってもとっても不安定です。来年本当に、またワインが入ってくるのか… 正直、オーストラリアまで引き取りに行きたいくらいです。

ガメイ 2016 バス フィリップ 赤ワイン S —— 5,700円

オーストラリア

ガメイ 2016 バス フィリップ 赤ワイン S

■輸入元様資料より抜粋■ “Romaneche” cloneという非常にレアなクローンを1988年に植樹、1ヘクタール当たり8500〜9000本の葡萄が植えられた区画。非常に大きな房を付ける。 ガメイのワインとしてはオーストラリアでも最も早く醸造され最も優れたガメイワインをしてオーストラリアでも名を馳せている。 品種の特徴がハッキリと現われておりワイルドベリーやプラムのフレーバーがありしっかりとした酸味と一緒に果実味が感じられる。ピノノワールのような余韻の長さはないがフレッシュさと酸が十分な満足感を残してくれる。 明るく鮮やかなルビー色。やや重心の低い香りです。 ラズベリー や プラム など赤黒両方の果実に、ほんのりと 土っぽさやキノコ 、 温かみの感じるスパイス が重なります。 じわっと凝縮した旨味やエキス分 をたっぷりと含んでいて、良い意味でガメイではないような 艶っぽさ が感じられました。 一口飲んで満足感が得られる旨口のガメイ です。 (2018年11月30日試飲) INFORMATIONNameGamay Bass Phillipブドウ品種ガメイ生産者名バス・フィリップ産地オーストラリア/ヴィクトリア/ギプスランドRegionAustralia/Victoria/Gippsland内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating オーストラリアの アンリ・ジャイエ!? 豪州随一の造り手! 大胆な発言かもしれません。 でも、 オーストラリアでひとり 例えるなら、私は彼を挙げたいと思います。 生み出すワイン、その歴史、哲学のあるワイン造り。どれをとっても、やっぱり 『普通じゃない』オーラ をヒシヒシと感じます。 その人の名は、フィリップ・ジョーンズ。バス・フィリップと言う名のワイナリーのオーナーです。 彼との出会いは、日本で行われた、数年前のオーストラリア・ワインの展示会での事でした。 『あっ、何だか美味しそうなピノ♪』 何気に差し出したグラスに注がれたそのワインの香りに、 ショックに近い驚き を受けたのは言うまでもありません。 『このピノ、凄いかも…この人、何者?』 既に長年にわたりキャリアを積んだであろう氏の朗々と語るその姿に、一瞬にして惹き付けられました。 そこにはたった2種のピノしかなかったにも関わらず、彼のワインが、間違いなくすごいものである事は 確信 できました。 その時、あまりの驚き、賑わいを見せた会場の喧騒の中、忙しそうな彼とは少ししか話せませんでしたが、帰ってからもますますその味わいの記憶は鮮明になるばかり。 後になって、彼のワインが カリスマ的存在 である事、日本未輸入のこのワインを、輸入を手掛ける人々が、こぞって狙っていること、かつて、デュクリュ・ボーカイユのワインに魅了され、その後、大きな影響を受けたのは、 アンリ・ジャイエ のワインであり、今、彼がこの素晴らしいワインを手掛けているのに、多大なる影響を与えた人物その人が、やはりアンリ・ジャイエ氏であったことなど、様々な事を知りました。 が、その時、彼のワインは日本未輸入だったのです… 熱烈な日本のインポーターのラブコールに彼は応えてくれるのか。応えたくても、生産量の少なさゆえ、輸出を果たすことが出来るのか…。 そんな思いを抱えながら、一年近くが過ぎた頃、オーストラリアの展示会のため、シドニーに出向く機会に恵まれました。 こぞって名生産者が並ぶ中、最も端のブースに、バス・フィリップの名を発見! はやる気持ちを抑え、ひとりでに緩む頬を気にしつつ、向かったその先は、わざわざ出向かないと分からないであろう、ひっそりとした区画。 そして、そこに見える、ブースを取り囲む沢山の 人・人・人! 参加しているのは、殆どがオーストラリア現地のプロの人々です。そう、彼らは知っているのです。 この人の偉大さ 、このワインの美味しさを! しかも、嬉しいことに、ダンボールの裏に図を描き、熱心にワイン造りについて語るフィリップ氏。私の顔を覚えてくださっていたのです! お恥ずかしながら、嬉しさのあまり、 隠し切れない笑みが印象に残っていたとか(笑) その時、彼のワインが前回の二種だけでなく、シャルドネやガメイもあり、さらにはガメイがこれまた 『ピノ!?』 と思わせるエレガントな芳香、味わいである事にまたまたびっくり! 嬉しそうに飲む私を見て、現地の人も『お前、ここのワインの美味しさ知ってるのか?』と、悔しそう(笑) そう、知ってます。私だけでなく、ワイン好きが放っておくわけがありません。 そしてやっと、念願の日本入荷を果たしたのです! テロワールの考えを常に大事に、 独自のワイン哲学を究める 、フィリップ・ジョーンズ氏。 時には、エーカーあたり1トン以下という、非常に少ない収量。毎年の生産量もわずか数百ケースのみと極少々。全てに妥協をしない彼は、年によっては一樽分のみのリザーブワインが瓶詰めされるといったようなこともあるとか。 天然酵母、自然な栽培、醸造など、一切の手間を惜しまず、こだわりのワインだけを生み出す、バス・フィリップ。 とにかく、彼の存在、そのワインも、私にとっては 『オーストラリアのアンリ・ジャイエ』 と、呼びたくなる存在です。 とにかく、こだわり優先ですから、入荷はとってもとっても不安定です。来年本当に、またワインが入ってくるのか… 正直、オーストラリアまで引き取りに行きたいくらいです。

ガメイ 2016 バス フィリップ 赤ワイン S —— 5,700円

オーストラリア

クラウン プリンス ピノ ノワール 2016 バス フィリップ 赤ワイン S

■輸入元様資料より抜粋■ Leongatha vineyardの葡萄100%、1ヘクタール当たり9000本の葡萄が植えられた区画。収量は1エーカー当たり1/1.2トン。 甘みのあるプラムフルーツ、柔らかくバランスのとれた味わいで後ろに土っぽいマッシュルームのような風味も。畑の個性である余韻の長さを常に表現しているワイン。 INFORMATIONNameCrown Prince Pinot Noir Bass Phillipブドウ品種ピノ ノワール生産者名バス・フィリップ産地オーストラリア/ヴィクトリア/ギプスランドRegionAustralia/Victoria/Gippsland内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating オーストラリアの アンリ・ジャイエ!? 豪州随一の造り手! 大胆な発言かもしれません。 でも、 オーストラリアでひとり 例えるなら、私は彼を挙げたいと思います。 生み出すワイン、その歴史、哲学のあるワイン造り。どれをとっても、やっぱり 『普通じゃない』オーラ をヒシヒシと感じます。 その人の名は、フィリップ・ジョーンズ。バス・フィリップと言う名のワイナリーのオーナーです。 彼との出会いは、日本で行われた、数年前のオーストラリア・ワインの展示会での事でした。 『あっ、何だか美味しそうなピノ♪』 何気に差し出したグラスに注がれたそのワインの香りに、 ショックに近い驚き を受けたのは言うまでもありません。 『このピノ、凄いかも…この人、何者?』 既に長年にわたりキャリアを積んだであろう氏の朗々と語るその姿に、一瞬にして惹き付けられました。 そこにはたった2種のピノしかなかったにも関わらず、彼のワインが、間違いなくすごいものである事は 確信 できました。 その時、あまりの驚き、賑わいを見せた会場の喧騒の中、忙しそうな彼とは少ししか話せませんでしたが、帰ってからもますますその味わいの記憶は鮮明になるばかり。 後になって、彼のワインが カリスマ的存在 である事、日本未輸入のこのワインを、輸入を手掛ける人々が、こぞって狙っていること、かつて、デュクリュ・ボーカイユのワインに魅了され、その後、大きな影響を受けたのは、 アンリ・ジャイエ のワインであり、今、彼がこの素晴らしいワインを手掛けているのに、多大なる影響を与えた人物その人が、やはりアンリ・ジャイエ氏であったことなど、様々な事を知りました。 が、その時、彼のワインは日本未輸入だったのです… 熱烈な日本のインポーターのラブコールに彼は応えてくれるのか。応えたくても、生産量の少なさゆえ、輸出を果たすことが出来るのか…。 そんな思いを抱えながら、一年近くが過ぎた頃、オーストラリアの展示会のため、シドニーに出向く機会に恵まれました。 こぞって名生産者が並ぶ中、最も端のブースに、バス・フィリップの名を発見! はやる気持ちを抑え、ひとりでに緩む頬を気にしつつ、向かったその先は、わざわざ出向かないと分からないであろう、ひっそりとした区画。 そして、そこに見える、ブースを取り囲む沢山の 人・人・人! 参加しているのは、殆どがオーストラリア現地のプロの人々です。そう、彼らは知っているのです。 この人の偉大さ 、このワインの美味しさを! しかも、嬉しいことに、ダンボールの裏に図を描き、熱心にワイン造りについて語るフィリップ氏。私の顔を覚えてくださっていたのです! お恥ずかしながら、嬉しさのあまり、 隠し切れない笑みが印象に残っていたとか(笑) その時、彼のワインが前回の二種だけでなく、シャルドネやガメイもあり、さらにはガメイがこれまた 『ピノ!?』 と思わせるエレガントな芳香、味わいである事にまたまたびっくり! 嬉しそうに飲む私を見て、現地の人も『お前、ここのワインの美味しさ知ってるのか?』と、悔しそう(笑) そう、知ってます。私だけでなく、ワイン好きが放っておくわけがありません。 そしてやっと、念願の日本入荷を果たしたのです! テロワールの考えを常に大事に、 独自のワイン哲学を究める 、フィリップ・ジョーンズ氏。 時には、エーカーあたり1トン以下という、非常に少ない収量。毎年の生産量もわずか数百ケースのみと極少々。全てに妥協をしない彼は、年によっては一樽分のみのリザーブワインが瓶詰めされるといったようなこともあるとか。 天然酵母、自然な栽培、醸造など、一切の手間を惜しまず、こだわりのワインだけを生み出す、バス・フィリップ。 とにかく、彼の存在、そのワインも、私にとっては 『オーストラリアのアンリ・ジャイエ』 と、呼びたくなる存在です。 とにかく、こだわり優先ですから、入荷はとってもとっても不安定です。来年本当に、またワインが入ってくるのか… 正直、オーストラリアまで引き取りに行きたいくらいです。

クラウン プリンス ピノ ノワール 2016 バス フィリップ 赤ワイン S —— 7,200円

オーストラリア

クラウン プリンス ピノ ノワール 2016 バス フィリップ 赤ワイン S

■輸入元様資料より抜粋■ Leongatha vineyardの葡萄100%、1ヘクタール当たり9000本の葡萄が植えられた区画。収量は1エーカー当たり1/1.2トン。 甘みのあるプラムフルーツ、柔らかくバランスのとれた味わいで後ろに土っぽいマッシュルームのような風味も。畑の個性である余韻の長さを常に表現しているワイン。 INFORMATIONNameCrown Prince Pinot Noir Bass Phillipブドウ品種ピノ ノワール生産者名バス・フィリップ産地オーストラリア/ヴィクトリア/ギプスランドRegionAustralia/Victoria/Gippsland内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating オーストラリアの アンリ・ジャイエ!? 豪州随一の造り手! 大胆な発言かもしれません。 でも、 オーストラリアでひとり 例えるなら、私は彼を挙げたいと思います。 生み出すワイン、その歴史、哲学のあるワイン造り。どれをとっても、やっぱり 『普通じゃない』オーラ をヒシヒシと感じます。 その人の名は、フィリップ・ジョーンズ。バス・フィリップと言う名のワイナリーのオーナーです。 彼との出会いは、日本で行われた、数年前のオーストラリア・ワインの展示会での事でした。 『あっ、何だか美味しそうなピノ♪』 何気に差し出したグラスに注がれたそのワインの香りに、 ショックに近い驚き を受けたのは言うまでもありません。 『このピノ、凄いかも…この人、何者?』 既に長年にわたりキャリアを積んだであろう氏の朗々と語るその姿に、一瞬にして惹き付けられました。 そこにはたった2種のピノしかなかったにも関わらず、彼のワインが、間違いなくすごいものである事は 確信 できました。 その時、あまりの驚き、賑わいを見せた会場の喧騒の中、忙しそうな彼とは少ししか話せませんでしたが、帰ってからもますますその味わいの記憶は鮮明になるばかり。 後になって、彼のワインが カリスマ的存在 である事、日本未輸入のこのワインを、輸入を手掛ける人々が、こぞって狙っていること、かつて、デュクリュ・ボーカイユのワインに魅了され、その後、大きな影響を受けたのは、 アンリ・ジャイエ のワインであり、今、彼がこの素晴らしいワインを手掛けているのに、多大なる影響を与えた人物その人が、やはりアンリ・ジャイエ氏であったことなど、様々な事を知りました。 が、その時、彼のワインは日本未輸入だったのです… 熱烈な日本のインポーターのラブコールに彼は応えてくれるのか。応えたくても、生産量の少なさゆえ、輸出を果たすことが出来るのか…。 そんな思いを抱えながら、一年近くが過ぎた頃、オーストラリアの展示会のため、シドニーに出向く機会に恵まれました。 こぞって名生産者が並ぶ中、最も端のブースに、バス・フィリップの名を発見! はやる気持ちを抑え、ひとりでに緩む頬を気にしつつ、向かったその先は、わざわざ出向かないと分からないであろう、ひっそりとした区画。 そして、そこに見える、ブースを取り囲む沢山の 人・人・人! 参加しているのは、殆どがオーストラリア現地のプロの人々です。そう、彼らは知っているのです。 この人の偉大さ 、このワインの美味しさを! しかも、嬉しいことに、ダンボールの裏に図を描き、熱心にワイン造りについて語るフィリップ氏。私の顔を覚えてくださっていたのです! お恥ずかしながら、嬉しさのあまり、 隠し切れない笑みが印象に残っていたとか(笑) その時、彼のワインが前回の二種だけでなく、シャルドネやガメイもあり、さらにはガメイがこれまた 『ピノ!?』 と思わせるエレガントな芳香、味わいである事にまたまたびっくり! 嬉しそうに飲む私を見て、現地の人も『お前、ここのワインの美味しさ知ってるのか?』と、悔しそう(笑) そう、知ってます。私だけでなく、ワイン好きが放っておくわけがありません。 そしてやっと、念願の日本入荷を果たしたのです! テロワールの考えを常に大事に、 独自のワイン哲学を究める 、フィリップ・ジョーンズ氏。 時には、エーカーあたり1トン以下という、非常に少ない収量。毎年の生産量もわずか数百ケースのみと極少々。全てに妥協をしない彼は、年によっては一樽分のみのリザーブワインが瓶詰めされるといったようなこともあるとか。 天然酵母、自然な栽培、醸造など、一切の手間を惜しまず、こだわりのワインだけを生み出す、バス・フィリップ。 とにかく、彼の存在、そのワインも、私にとっては 『オーストラリアのアンリ・ジャイエ』 と、呼びたくなる存在です。 とにかく、こだわり優先ですから、入荷はとってもとっても不安定です。来年本当に、またワインが入ってくるのか… 正直、オーストラリアまで引き取りに行きたいくらいです。

クラウン プリンス ピノ ノワール 2016 バス フィリップ 赤ワイン S —— 7,200円

オーストラリア

グランジ 2002 ペンフォールズ 赤ワイン tp

98+点 オーストラリア・ワインの歴史に欠かせない存在であり、かつ、今さらにその価値が高まりつつある存在と言えば、ペンフォールズのグランジ! そのグランジから、ワイン・アドヴォケイト誌で… ・《98+点》を獲得した、希少な古酒2002年物! が入荷しました! 実は、先日東京で最新ヴィンテージの発表パーティが開催されたのですが、あのサッカー元日本代表の中田英寿さんも参加されてたのだとか! 今や世界中を自らの足で巡り、ワインにも造詣が深い中田さんも注目する、まさに… 『オーストラリアの至宝!』 その歴史に、是非、触れてみて下さい!! ■『ワイン・アドヴォケイト173号』より抜粋■ Last but not least is Australia’s most famous wine, the 2002 Shiraz “Grange”. The 2002 version was sourced from 77.5% Barossa Valley and 22.5% from McLaren Vale. Included in the blend is 1.5% Cabernet Sauvignon. It spent 17 months in 100% new American oak. Opaque purple, it gives off an ethereal bouquet of violets, saddle leather, blueberry, blackberry, pencil lead, and chocolate. This is followed by a full-bodied wine with tremendous concentration, multiple layers of flavor, ripe tannins, and great balance. Thick and rich, with a 60-second finish, it will slowly blossom over the next 15-20 years and provide pleasure through 2050. It is a legend in the making! Penfolds, arguably Australia’s most famous winery, continues to perform at a high level under the leadership of Head Winemaker, Peter Gago. 飲み頃:2007〜2050年 評価:98点 INFORMATIONNameGrange Penfoldsブドウ品種シラーズ99%/カベルネ・ソーヴィニヨン1%生産者名ペンフォールズ産地オーストラリアRegionAustralia内容量750mlWA98+/Issue 29th Oct 2016WS95/Issue Sep 30, 2007※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 誰もが認める… オーストラリアの最高峰! 先ずはお試し下さい!! オーストラリア・ワインの歴史を語る時、欠かせないのがペンフォールドです。 ペンフォールドの生み出すワインは、その数、何と、約1400万ケース。しかし、生産量の多さにかかわらず、手頃なものから、 最高峰のグランジ まで、そのどれもが高く評価されているというのは、ブドウの個性を生かしたワイン造り、土地を大切にした葡萄栽培の賜物と言えるのではないでしょうか。 南オーストラリア州、バロッサ・ヴァレーにある、ペンフォールドのワイナリーを訪れた際感じた印象は、その事を裏付けるように、大規模ながら、ゲストを迎えるスタッフの温かさ、自分達のワインに対しての誇りが感じられ、正に、 名実共にオーストラリア・ワイン界を代表 するに相応しいものでした。 南オーストラリア州マギルに、 1844年 、創設者のクリストファー・ローソン・ペンフォールド氏が最初の畑を取得。 この 偉大なワイナリー の歴史の第一歩は、ここから始まりました。 それから100年ほどの間、当時の風潮から、他のワイナリー同様、ポート・ワインのような、酒精強化ワイン造りを主とし、イギリスなどに輸出していました。 1950年、当時のチーフ・ワイン・メーカーだったマックス・シュバート氏が、ヨーロッパを旅し、ボルドーを訪れた事から、このワイナリーにとっての、大きな転機が訪れます。 旅から戻ったシュバート氏は、当時、誰も考えなかったボルドーのワイン造りのスタイルを開拓、酒精強化でない、現在の主流となったワインの品質向上に大きく貢献します。 そうして彼が生み出したのが、現在も 『オーストラリア・ワインの最高峰』 と言われるグランジ。 ですが、その道は当初、 順風満帆ではありません でした。辛酸を舐めざるを得なかったのは、先駆者ゆえの辛さ。当時、彼の考えが間違っていなかった事を証明するには、数年の年月がかかりました。 こうした、シュバート氏の 勇気ある改革 、ワインに対しての 熱い想い があって、現在もオーストラリア・ワイン界に 君臨 するペンフォールド。現在に続く絶え間ない品質への追求が、この座を 揺ぎ無い物 にしています。 グランジは別格かもしれませんが、普段飲みのものも、安心してお勧めできる、高品質ワインが揃っています。 数々のワインが、 頻繁にワイン雑誌 などで紹介されているのがその証拠。 国内外で、良い意味でブランド力のあるワイナリー。それは、ペンフォールドの 名に恥じないワイン を送り出し続けているからこそなのです。

グランジ 2002 ペンフォールズ 赤ワイン tp —— 48,500円

オーストラリア

グランジ 2002 ペンフォールズ 赤ワイン tp

98+点 オーストラリア・ワインの歴史に欠かせない存在であり、かつ、今さらにその価値が高まりつつある存在と言えば、ペンフォールズのグランジ! そのグランジから、ワイン・アドヴォケイト誌で… ・《98+点》を獲得した、希少な古酒2002年物! が入荷しました! 実は、先日東京で最新ヴィンテージの発表パーティが開催されたのですが、あのサッカー元日本代表の中田英寿さんも参加されてたのだとか! 今や世界中を自らの足で巡り、ワインにも造詣が深い中田さんも注目する、まさに… 『オーストラリアの至宝!』 その歴史に、是非、触れてみて下さい!! ■『ワイン・アドヴォケイト173号』より抜粋■ Last but not least is Australia’s most famous wine, the 2002 Shiraz “Grange”. The 2002 version was sourced from 77.5% Barossa Valley and 22.5% from McLaren Vale. Included in the blend is 1.5% Cabernet Sauvignon. It spent 17 months in 100% new American oak. Opaque purple, it gives off an ethereal bouquet of violets, saddle leather, blueberry, blackberry, pencil lead, and chocolate. This is followed by a full-bodied wine with tremendous concentration, multiple layers of flavor, ripe tannins, and great balance. Thick and rich, with a 60-second finish, it will slowly blossom over the next 15-20 years and provide pleasure through 2050. It is a legend in the making! Penfolds, arguably Australia’s most famous winery, continues to perform at a high level under the leadership of Head Winemaker, Peter Gago. 飲み頃:2007〜2050年 評価:98点 INFORMATIONNameGrange Penfoldsブドウ品種シラーズ99%/カベルネ・ソーヴィニヨン1%生産者名ペンフォールズ産地オーストラリアRegionAustralia内容量750mlWA98+/Issue 29th Oct 2016WS95/Issue Sep 30, 2007※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 誰もが認める… オーストラリアの最高峰! 先ずはお試し下さい!! オーストラリア・ワインの歴史を語る時、欠かせないのがペンフォールドです。 ペンフォールドの生み出すワインは、その数、何と、約1400万ケース。しかし、生産量の多さにかかわらず、手頃なものから、 最高峰のグランジ まで、そのどれもが高く評価されているというのは、ブドウの個性を生かしたワイン造り、土地を大切にした葡萄栽培の賜物と言えるのではないでしょうか。 南オーストラリア州、バロッサ・ヴァレーにある、ペンフォールドのワイナリーを訪れた際感じた印象は、その事を裏付けるように、大規模ながら、ゲストを迎えるスタッフの温かさ、自分達のワインに対しての誇りが感じられ、正に、 名実共にオーストラリア・ワイン界を代表 するに相応しいものでした。 南オーストラリア州マギルに、 1844年 、創設者のクリストファー・ローソン・ペンフォールド氏が最初の畑を取得。 この 偉大なワイナリー の歴史の第一歩は、ここから始まりました。 それから100年ほどの間、当時の風潮から、他のワイナリー同様、ポート・ワインのような、酒精強化ワイン造りを主とし、イギリスなどに輸出していました。 1950年、当時のチーフ・ワイン・メーカーだったマックス・シュバート氏が、ヨーロッパを旅し、ボルドーを訪れた事から、このワイナリーにとっての、大きな転機が訪れます。 旅から戻ったシュバート氏は、当時、誰も考えなかったボルドーのワイン造りのスタイルを開拓、酒精強化でない、現在の主流となったワインの品質向上に大きく貢献します。 そうして彼が生み出したのが、現在も 『オーストラリア・ワインの最高峰』 と言われるグランジ。 ですが、その道は当初、 順風満帆ではありません でした。辛酸を舐めざるを得なかったのは、先駆者ゆえの辛さ。当時、彼の考えが間違っていなかった事を証明するには、数年の年月がかかりました。 こうした、シュバート氏の 勇気ある改革 、ワインに対しての 熱い想い があって、現在もオーストラリア・ワイン界に 君臨 するペンフォールド。現在に続く絶え間ない品質への追求が、この座を 揺ぎ無い物 にしています。 グランジは別格かもしれませんが、普段飲みのものも、安心してお勧めできる、高品質ワインが揃っています。 数々のワインが、 頻繁にワイン雑誌 などで紹介されているのがその証拠。 国内外で、良い意味でブランド力のあるワイナリー。それは、ペンフォールドの 名に恥じないワイン を送り出し続けているからこそなのです。

グランジ 2002 ペンフォールズ 赤ワイン tp —— 48,500円

オーストラリア

サクラ シラーズ 2016 ウィンダウリー エステート 赤ワイン

『待ちわびた桜が!』 今年もあのワインが届きました! 『日豪の絆』 を感じさせてくれる実話に因んだ、サクラ・シラーズです!! ラベルに描かれた、 カウラに咲く桜 には、こんなストーリーが存在します。 目で愛でる桜もいいけど、美味しく愛でるサクラを誰かと一緒に味わって、お互いの絆を深めて下さい♪ ■サクラ・シラーズとは?■ 1944年、第二次世界大戦終戦直前の事。 オーストラリア・ニューサウスウェールズ州カウラの地で捕虜になっていた 日本兵1104人が、史上最大の大脱走 を企てました。 それは、生き延びるためではなく、日本兵としての誇りを貫くため。 そして、200名以上もの死者を出してしまったその出来事に、カウラの人々は心を痛め、彼らを手厚く葬り、日本との友好関係を深めるために、日本人墓地や日本文化センターを設立、日本人墓地から日本庭園までの5kmの間に、 なんと、約2000本もの桜を植えたのです 。 以後、毎年10月頃に『桜祭り』が行われ、カウラ地区の人々の心の中に、常にこの出来事は刻まれているのです。 長い間、日本ではあまり知られていなかったこの事実を、オーストラリアの人々は、ずっと心に留めていました。 そして、 そのサクラの並木道をモチーフにしたのが、ウッドブロック・サクラ・シラーズなのです 。 2008年に、日本テレビで《あの日、僕らの命はトイレットペーパーよりも軽かった》というタイトルで、ドラマ化されたり、ワイン漫画でも、取り上げられ、日本でも、年々、大きな反響を呼び、ここ数年、毎年、問い合わせが増えているそうです。 毎年、お飲み頂いている方も多い、この サクラ・シラーズ 。 お花見で飲むもよし、サクラの咲く時期を思い浮かべつつ、一足お先に飲むもよし。 気がつけば、海の向こうの、桜並木が、目に浮かんでいるかもしれません。 お待たせしました! 日豪を繋ぐサクラ、今年も到着です!! INFORMATIONNameSakura Shiraz Windowrie Estateブドウ品種シラーズ生産者名ウィンダウリー・エステート産地オーストラリア/ニューサウルウェールズ/カウラRegionAustralia/New South Wales/Cowra内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 花見 お花見 お花見ワイン

サクラ シラーズ 2016 ウィンダウリー エステート 赤ワイン —— 2,900円

オーストラリア

シャルドネ 2014 コールドストリーム ヒルズ 白ワイン

INFORMATIONNameChardonnay Coldstream Hillsブドウ品種シャルドネ生産者名コールド・ストリーム・ヒルズ産地オーストラリア/ヴィクトリアRegionAustralia/Victoria内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating

シャルドネ 2014 コールドストリーム ヒルズ 白ワイン —— 2,900円

オーストラリア

シャルドネ 2017 ラ プティ モール 白ワイン S

INFORMATIONNameLa Petite Mort Chardonnay La Petite Mortブドウ品種シャルドネ生産者名ラ プティ モール産地オーストラリア/クイーンズランド州/グラニットベルトRegionAustralia/Queensland/Granite Belt内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating

シャルドネ 2017 ラ プティ モール 白ワイン S —— 2,800円

オーストラリア

バスケット プレス シラーズ 2011 ロックフォードワインズ 赤ワイン

買えた人は、ラッキー! ■輸入元様資料より抜粋■ 15か所の畑から最高のものが選別されるマルチヴィンヤード 。 樹齢は60年から130年超のもの まで。 灌漑は一切行わず、開放発酵槽で発酵後バスケットプレス。フレンチオークとアメリカンオークの新古樽(300Lから400L)で24ケ月熟成。 INFORMATIONNameBasket Press Shiraz Rockford Winesブドウ品種シラーズ 100%生産者名ロックフォードワインズ産地オーストラリア/サウス・オーストラリア州/バロッサ・ヴァレーRegionAustralia/South Australia/Barossa Valley内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 『日本で買えるなんて!』 オーストラリアのアイコン的存在が ごく少量入荷しました♪ 貴重なワインを入手しました! オーストラリア・ワインを語るに欠かせない、 アイコン的存在 ながら、その生産量の少なさとこだわりで、 オーストラリア国内ですらごく一部の限られた場所でしか入手困難 という、ロックフォード ワインズです! オーストラリアの銘醸地、バロッサ・ヴァレーにあるこのワイナリーは、 バロッサヴァレーのテロワールを忠実に表現しています 。 バスケット プレス シラーズは、ヘンチキの『ヒル オブ グレース』、ペンフォールズの『グランジ』などと並び称される事もあるほどにも関わらず、 何故その存在があまり表に出ないのか? 実は、そのワインは 入手が難しく 、オーストラリア国内では、ワイナリーに併設されたセラードア(=ワイナリー経営のショップ)か、広いオーストラリア内で仕入れる事を許された、超限定のワインショップ(シドニー2店、メルボルン、ブリスベン、パース各1店!)やレストランでのみ出会う事が出来るものなのだそうです。 例えワイナリーからの直接オファーを受ける事が出来るようになった幸運なファンでも、『バスケット プレス シラーズ』『ブラック シラーズ』に至っては、 長期の顧客のみに割り当てられるという入手困難を極めるもの 。 そんな、オークションでコレクター用レア・アイテムとしてしばしば登場するほどのワインを 日本で味わう事が出来るのです! 何故? 実は、輸入元さんがロックフォードのワインにほれ込み、何度も訪問を重ねた末、ようやく取引を開始することが出来たのだとか! そんな 輸入元さんの情熱のおかげ で、そんな貴重なワインを入手する事が出来ました! しかも、その味わいの魅力を存分に堪能できる、熟成もの! ご紹介に先駆けて2011年を味わいましたが、 『クラシック オーストラリアの神髄』 とも言いたくなるその味わいの奥深さを堪能する事が出来ました。 早速ご紹介をと思ったところ、 『2008年があと少しだけご用意できます。』 と教えて頂きました! カベルネ・ソーヴィニヨンも含め、3種をご紹介させて頂きます。 オーストラリアの秘蔵ワイン! ロックフォード ワインズ入荷です!!

バスケット プレス シラーズ 2011 ロックフォードワインズ 赤ワイン —— 8,300円

オーストラリア

バロッサ ジョベン 2017 スモールフライ ワインズ 赤ワイン tp S

■輸入元様資料より抜粋■ 一部は全房醗酵。 醗酵は野生酵母 によります。熟成は 最新の酸素透過性を持つプラスティック製のタンク (Flex Tank)で6ヶ月間行われます。 清澄、フィルターはしていません 。酸化防止剤SO2はボトリング時のみごく僅かの添加です。 INFORMATIONNameBarossa Joven Smallfry Winesブドウ品種テンプラニーリョ45%/グルナッシュ40%/モナストレル8%/バスタルド5%/ティンタ・アメリア2%生産者名スモールフライ ワインズ産地オーストラリア/南オーストラリア/バロッサ・ヴァレーRegionAustralia/South Australia/Barossa Valley内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating

バロッサ ジョベン 2017 スモールフライ ワインズ 赤ワイン tp S —— 3,500円

オーストラリア

バロッサ ロゼ 2017 スモールフライ ワインズ ロゼワイン tp S

INFORMATIONNameBarossa Rose Smallfry Winesブドウ品種サンソー生産者名スモールフライ ワインズ産地オーストラリア/南オーストラリア/バロッサ・ヴァレーRegionAustralia/South Australia/Barossa Valley内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating

バロッサ ロゼ 2017 スモールフライ ワインズ ロゼワイン tp S —— 3,500円

オーストラリア

パリンガ エステート ピノ ノワール 2011 パリンガ エステート 赤ワイン

《祝》JALファーストクラス搭載! INFORMATIONNameEstate Pinot Noir Paringa Estateブドウ品種ピノ・ノワール生産者名パリンガ・エステート産地オーストラリア/ヴィクトリア/モーニントン・ペニンシュラRegionAustralia/Victoria/Mornington Peninsula内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating

パリンガ エステート ピノ ノワール 2011 パリンガ エステート 赤ワイン —— 6,700円

オーストラリア

ヒースコート シラーズ 2012 ハンギング ロック ワイナリー 赤ワイン

■輸入元様資料より抜粋■ エレガントなアメリカンオーク と 熟したプラム 、スパイシーな力強い香り。 プラム や ブラックチェリー を思わせる味わいはパワフルな強さを感じるが、オークが優しく包み込み パワフルな果実味に溶け込んで複雑で深い味わい 。 ◇香港インターナショナル・ワイン・ショーで 金賞受賞! ◇ヴィクトリア州・トップシラーズ60本の中で ベスト・シラーズに輝く INFORMATIONNameHeathecote Shiraz Hanging Rock Wineryブドウ品種シラーズ生産者名ハンギング ロック ワイナリー産地オーストラリア/ヴィクトリア/マセドンRegionAustralia/Victoria/Macedon内容量750mlWA93/Issue 30th Oct 2018 WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating POPで美味いオーストラリア登場!! 国土の広さ、その人種の多様性と同じく、様々なワインを生み出しているオーストラリア。 オーストラリア・ワイン造りのスタートは、1788年、ニュー・サウス・ウェールズ州にキャプテン・アーサー・フィリップが行った植樹から始まったと言われ、国としての歴史と、ほぼ時を同じくして始まりました。 現在、大小、数多くのワイナリーがある中でも、オーストラリア・ワイン界で、その名を知らぬ者は居ないほどの存在の二つのワイナリーがあります。 ひとつは、古い歴史を持ち、デイリーなワインから、オークション・クラスのワインまでを生み出す老舗ティレルズ。もうひとつは、設立から約30年、品質の高さ、規模の大きさで名を馳せるローズマウント・エステイト。 この2つのワイナリーの歴史に、不可欠な2人。それが、現在、ハンギング・ロック・ワイナリーを所有する、ジョン・エリスとアン・エリスです。 夫、ジョン・エリス。ローズマウント・エステイトの初代ワイン・メーカーであり、ローズマウント・エステイトの地位を確立した人物です。その他のワイナリーでも、彼の手により、数々の素晴らしいワインが世に送り出されてきました。 『彼の元で働けるなんて、本当に幸せだよ。』現在、畑の管理責任者である、ベンは、ジョンと働ける事をとても誇りにしていました。 妻、アン・エリス。彼女の実家は、実は、老舗ティレルズなのです。(現在、彼女の兄がティレルズを経営しています。)かつて自らもアシスタント・ワイン・メーカーとして活躍、正に生まれながらに、ワインと共に歩んできた人です。 この2人が出会い、二人の夢が形になったのが、ハンギング・ロック・ワイナリーです。1982年設立。ジョンは現在、ハンギング・ロックの主任ワイン・メーカーをしながら、他のワイナリーのコンサルティングもしています。アニー(アンは周りからこう呼ばれています。)は、今、ハンギング・ロック・ワイナリーのまとめ役的存在のママです。 ハンギング・ロック・ワイナリーがある、マセドンは、ヴィクトリア州メルボルンから、車で約一時間の所にあります。中小規模のワイナリーばかりであるため、生産量がさほど多くなく、ヴィクトリア州のレストランやメルボルンのショップに卸される事が多いため、ワイン産地としての知名度はあまり高くありませんが、ハンギング・ロックの他にも、高く評価されるワイナリーが存在する地域です。 ハンギング・ロック・ワイナリーは、現在、ブレンド、単一品種、どちらのワインも、そのブドウ品種にあった場所で育ったブドウから、ブドウの個性を引き出したワイン造りで、高く評価されています。 さほど大きな規模ではないにも関わらず、そのワインは、イギリスやアメリカ、イタリア、アジアからも引き合いがあり、カジュアルなものから、限定生産ワインまで既に世界にファンを持っています。 ────────────────────────────────── ■■ ジェームス・ハリディ氏著『オーストラリア& ニュージーランド・ワイン・コンパニオン』より抜粋 ■■ ────────────────────────────────── ハンギング・ロック・ワイナリー マセドン地区は、葡萄栽培地域として、気候的に極限の場所にある。ハンギング・ロックを向こうに望み、美しい景観を持つ、ハンギング・ロック・ワイナリーも、その例に漏れない。 ジョン・エリスは、その点を踏まえ、ヴィクトリア州各地からの厳選したブドウを使用する事で、多様性、個性、魅力あるワインを生み出している。 低価格帯のロック・ホワイト、ロック・レッドは、その鮮烈なラベルで、特に人気が高い。 ★★★☆ ────────────────────────────────── ハンギング・ロックの名は、このワイナリーから眺める事の出来る岩山『ハンギング・ロック』から名付けられました。地元の人もハイキングに出掛けるその山は、昔『ピクニック・アット・ハンギング・ロック』と言う映画の舞台にもなった場所です。 2001年の収穫期、私はこのワイナリーで、家族、スタッフと共に生活を共にし、働き、ハンギング・ロックのワインにより深く触れる機会がありました。 ひとつの家族のように、楽しく働くスタッフ、ひと度、ブドウが運び込まれてくると、深夜まで働く事もいとわない姿勢。 ヴィンテージ・ワインや各国のワインも楽しむ、広い見識、柔軟な姿勢にふれ、彼らのワインの原点を知った事で、いつか、皆さ んに、ここのワインを飲んで頂きたいと、ずっと思っていました。 裏山には、野生のカンガルーがヒョッコリ現れることもある、自然に囲まれたワイナリーは、近郊から、多くの人が車で訪れ、その景色を楽しみ、ワインを買って帰ります。多様性のある、オーストラリアの気候、土壌を生かして生み出される、ハンギング・ロック・ワイナリーのワイン。 ジョンとアニーの2人、それを支える温かなスタッフが居るからこそ、こんなワインを生み出す事が出来るのです。 ※どのワインも、ブドウの良さが前面に出ています。

ヒースコート シラーズ 2012 ハンギング ロック ワイナリー 赤ワイン —— 6,300円

オーストラリア

ヒースコート シラーズ 2012 ハンギング ロック ワイナリー 赤ワイン

■輸入元様資料より抜粋■ エレガントなアメリカンオーク と 熟したプラム 、スパイシーな力強い香り。 プラム や ブラックチェリー を思わせる味わいはパワフルな強さを感じるが、オークが優しく包み込み パワフルな果実味に溶け込んで複雑で深い味わい 。 ◇香港インターナショナル・ワイン・ショーで 金賞受賞! ◇ヴィクトリア州・トップシラーズ60本の中で ベスト・シラーズに輝く INFORMATIONNameHeathecote Shiraz Hanging Rock Wineryブドウ品種シラーズ生産者名ハンギング ロック ワイナリー産地オーストラリア/ヴィクトリア/マセドンRegionAustralia/Victoria/Macedon内容量750mlWA93/Issue 30th Oct 2018 WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating POPで美味いオーストラリア登場!! 国土の広さ、その人種の多様性と同じく、様々なワインを生み出しているオーストラリア。 オーストラリア・ワイン造りのスタートは、1788年、ニュー・サウス・ウェールズ州にキャプテン・アーサー・フィリップが行った植樹から始まったと言われ、国としての歴史と、ほぼ時を同じくして始まりました。 現在、大小、数多くのワイナリーがある中でも、オーストラリア・ワイン界で、その名を知らぬ者は居ないほどの存在の二つのワイナリーがあります。 ひとつは、古い歴史を持ち、デイリーなワインから、オークション・クラスのワインまでを生み出す老舗ティレルズ。もうひとつは、設立から約30年、品質の高さ、規模の大きさで名を馳せるローズマウント・エステイト。 この2つのワイナリーの歴史に、不可欠な2人。それが、現在、ハンギング・ロック・ワイナリーを所有する、ジョン・エリスとアン・エリスです。 夫、ジョン・エリス。ローズマウント・エステイトの初代ワイン・メーカーであり、ローズマウント・エステイトの地位を確立した人物です。その他のワイナリーでも、彼の手により、数々の素晴らしいワインが世に送り出されてきました。 『彼の元で働けるなんて、本当に幸せだよ。』現在、畑の管理責任者である、ベンは、ジョンと働ける事をとても誇りにしていました。 妻、アン・エリス。彼女の実家は、実は、老舗ティレルズなのです。(現在、彼女の兄がティレルズを経営しています。)かつて自らもアシスタント・ワイン・メーカーとして活躍、正に生まれながらに、ワインと共に歩んできた人です。 この2人が出会い、二人の夢が形になったのが、ハンギング・ロック・ワイナリーです。1982年設立。ジョンは現在、ハンギング・ロックの主任ワイン・メーカーをしながら、他のワイナリーのコンサルティングもしています。アニー(アンは周りからこう呼ばれています。)は、今、ハンギング・ロック・ワイナリーのまとめ役的存在のママです。 ハンギング・ロック・ワイナリーがある、マセドンは、ヴィクトリア州メルボルンから、車で約一時間の所にあります。中小規模のワイナリーばかりであるため、生産量がさほど多くなく、ヴィクトリア州のレストランやメルボルンのショップに卸される事が多いため、ワイン産地としての知名度はあまり高くありませんが、ハンギング・ロックの他にも、高く評価されるワイナリーが存在する地域です。 ハンギング・ロック・ワイナリーは、現在、ブレンド、単一品種、どちらのワインも、そのブドウ品種にあった場所で育ったブドウから、ブドウの個性を引き出したワイン造りで、高く評価されています。 さほど大きな規模ではないにも関わらず、そのワインは、イギリスやアメリカ、イタリア、アジアからも引き合いがあり、カジュアルなものから、限定生産ワインまで既に世界にファンを持っています。 ────────────────────────────────── ■■ ジェームス・ハリディ氏著『オーストラリア& ニュージーランド・ワイン・コンパニオン』より抜粋 ■■ ────────────────────────────────── ハンギング・ロック・ワイナリー マセドン地区は、葡萄栽培地域として、気候的に極限の場所にある。ハンギング・ロックを向こうに望み、美しい景観を持つ、ハンギング・ロック・ワイナリーも、その例に漏れない。 ジョン・エリスは、その点を踏まえ、ヴィクトリア州各地からの厳選したブドウを使用する事で、多様性、個性、魅力あるワインを生み出している。 低価格帯のロック・ホワイト、ロック・レッドは、その鮮烈なラベルで、特に人気が高い。 ★★★☆ ────────────────────────────────── ハンギング・ロックの名は、このワイナリーから眺める事の出来る岩山『ハンギング・ロック』から名付けられました。地元の人もハイキングに出掛けるその山は、昔『ピクニック・アット・ハンギング・ロック』と言う映画の舞台にもなった場所です。 2001年の収穫期、私はこのワイナリーで、家族、スタッフと共に生活を共にし、働き、ハンギング・ロックのワインにより深く触れる機会がありました。 ひとつの家族のように、楽しく働くスタッフ、ひと度、ブドウが運び込まれてくると、深夜まで働く事もいとわない姿勢。 ヴィンテージ・ワインや各国のワインも楽しむ、広い見識、柔軟な姿勢にふれ、彼らのワインの原点を知った事で、いつか、皆さ んに、ここのワインを飲んで頂きたいと、ずっと思っていました。 裏山には、野生のカンガルーがヒョッコリ現れることもある、自然に囲まれたワイナリーは、近郊から、多くの人が車で訪れ、その景色を楽しみ、ワインを買って帰ります。多様性のある、オーストラリアの気候、土壌を生かして生み出される、ハンギング・ロック・ワイナリーのワイン。 ジョンとアニーの2人、それを支える温かなスタッフが居るからこそ、こんなワインを生み出す事が出来るのです。 ※どのワインも、ブドウの良さが前面に出ています。

ヒースコート シラーズ 2012 ハンギング ロック ワイナリー 赤ワイン —— 6,300円

オーストラリア

ヒースコート シラーズ 2012 ハンギング ロック ワイナリー 赤ワイン

■輸入元様資料より抜粋■ エレガントなアメリカンオーク と 熟したプラム 、スパイシーな力強い香り。 プラム や ブラックチェリー を思わせる味わいはパワフルな強さを感じるが、オークが優しく包み込み パワフルな果実味に溶け込んで複雑で深い味わい 。 ◇香港インターナショナル・ワイン・ショーで 金賞受賞! ◇ヴィクトリア州・トップシラーズ60本の中で ベスト・シラーズに輝く INFORMATIONNameHeathecote Shiraz Hanging Rock Wineryブドウ品種シラーズ生産者名ハンギング ロック ワイナリー産地オーストラリア/ヴィクトリア/マセドンRegionAustralia/Victoria/Macedon内容量750mlWA93/Issue 30th Oct 2018 WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating POPで美味いオーストラリア登場!! 国土の広さ、その人種の多様性と同じく、様々なワインを生み出しているオーストラリア。 オーストラリア・ワイン造りのスタートは、1788年、ニュー・サウス・ウェールズ州にキャプテン・アーサー・フィリップが行った植樹から始まったと言われ、国としての歴史と、ほぼ時を同じくして始まりました。 現在、大小、数多くのワイナリーがある中でも、オーストラリア・ワイン界で、その名を知らぬ者は居ないほどの存在の二つのワイナリーがあります。 ひとつは、古い歴史を持ち、デイリーなワインから、オークション・クラスのワインまでを生み出す老舗ティレルズ。もうひとつは、設立から約30年、品質の高さ、規模の大きさで名を馳せるローズマウント・エステイト。 この2つのワイナリーの歴史に、不可欠な2人。それが、現在、ハンギング・ロック・ワイナリーを所有する、ジョン・エリスとアン・エリスです。 夫、ジョン・エリス。ローズマウント・エステイトの初代ワイン・メーカーであり、ローズマウント・エステイトの地位を確立した人物です。その他のワイナリーでも、彼の手により、数々の素晴らしいワインが世に送り出されてきました。 『彼の元で働けるなんて、本当に幸せだよ。』現在、畑の管理責任者である、ベンは、ジョンと働ける事をとても誇りにしていました。 妻、アン・エリス。彼女の実家は、実は、老舗ティレルズなのです。(現在、彼女の兄がティレルズを経営しています。)かつて自らもアシスタント・ワイン・メーカーとして活躍、正に生まれながらに、ワインと共に歩んできた人です。 この2人が出会い、二人の夢が形になったのが、ハンギング・ロック・ワイナリーです。1982年設立。ジョンは現在、ハンギング・ロックの主任ワイン・メーカーをしながら、他のワイナリーのコンサルティングもしています。アニー(アンは周りからこう呼ばれています。)は、今、ハンギング・ロック・ワイナリーのまとめ役的存在のママです。 ハンギング・ロック・ワイナリーがある、マセドンは、ヴィクトリア州メルボルンから、車で約一時間の所にあります。中小規模のワイナリーばかりであるため、生産量がさほど多くなく、ヴィクトリア州のレストランやメルボルンのショップに卸される事が多いため、ワイン産地としての知名度はあまり高くありませんが、ハンギング・ロックの他にも、高く評価されるワイナリーが存在する地域です。 ハンギング・ロック・ワイナリーは、現在、ブレンド、単一品種、どちらのワインも、そのブドウ品種にあった場所で育ったブドウから、ブドウの個性を引き出したワイン造りで、高く評価されています。 さほど大きな規模ではないにも関わらず、そのワインは、イギリスやアメリカ、イタリア、アジアからも引き合いがあり、カジュアルなものから、限定生産ワインまで既に世界にファンを持っています。 ────────────────────────────────── ■■ ジェームス・ハリディ氏著『オーストラリア& ニュージーランド・ワイン・コンパニオン』より抜粋 ■■ ────────────────────────────────── ハンギング・ロック・ワイナリー マセドン地区は、葡萄栽培地域として、気候的に極限の場所にある。ハンギング・ロックを向こうに望み、美しい景観を持つ、ハンギング・ロック・ワイナリーも、その例に漏れない。 ジョン・エリスは、その点を踏まえ、ヴィクトリア州各地からの厳選したブドウを使用する事で、多様性、個性、魅力あるワインを生み出している。 低価格帯のロック・ホワイト、ロック・レッドは、その鮮烈なラベルで、特に人気が高い。 ★★★☆ ────────────────────────────────── ハンギング・ロックの名は、このワイナリーから眺める事の出来る岩山『ハンギング・ロック』から名付けられました。地元の人もハイキングに出掛けるその山は、昔『ピクニック・アット・ハンギング・ロック』と言う映画の舞台にもなった場所です。 2001年の収穫期、私はこのワイナリーで、家族、スタッフと共に生活を共にし、働き、ハンギング・ロックのワインにより深く触れる機会がありました。 ひとつの家族のように、楽しく働くスタッフ、ひと度、ブドウが運び込まれてくると、深夜まで働く事もいとわない姿勢。 ヴィンテージ・ワインや各国のワインも楽しむ、広い見識、柔軟な姿勢にふれ、彼らのワインの原点を知った事で、いつか、皆さ んに、ここのワインを飲んで頂きたいと、ずっと思っていました。 裏山には、野生のカンガルーがヒョッコリ現れることもある、自然に囲まれたワイナリーは、近郊から、多くの人が車で訪れ、その景色を楽しみ、ワインを買って帰ります。多様性のある、オーストラリアの気候、土壌を生かして生み出される、ハンギング・ロック・ワイナリーのワイン。 ジョンとアニーの2人、それを支える温かなスタッフが居るからこそ、こんなワインを生み出す事が出来るのです。 ※どのワインも、ブドウの良さが前面に出ています。

ヒースコート シラーズ 2012 ハンギング ロック ワイナリー 赤ワイン —— 6,300円

オーストラリア

ピノ ノワール 2016 ショウ アンド スミス 赤ワイン S

■ワイン名(原語)/Pinot Noir Shaw and Smith ■ブドウ品種/ピノ・ノワール ■生産者名/ショウ・アンド・スミス ■産地/オーストラリア/アデレード・ヒルズ ■内容量/750ml

ピノ ノワール 2016 ショウ アンド スミス 赤ワイン S —— 3,600円

オーストラリア

ピノ ノワール 2017 コールドストリーム ヒルズ 赤ワイン

漫画『神の雫』に登場! 『豪州のロマネ・コンティ!』 と言われた、リザーヴ・ピノ・ノワールを手掛ける、 コールドストリーム・ヒルズ 。 以前、取扱いのあった輸入元さんが輸入を取りやめてしまい、 泣く泣く販売終了に…(涙) しかし! 先日、週刊モーニング2018.5.24号』に掲載された、 漫画『神の雫〜マリアージュ〜』 を見ていると、 スタンダードキュベ が登場してるではありませんか(驚) 直ぐに新しい輸入元さんにコンタクトを取って、 念願の販売再開(^_^)v 残念ながら、リザーヴは輸入してないとの事ですが、こちらも長年タカムラで売れ続けていた 確かな実績があります! オーストラリア・ピノ・ノワールの品質を知らしめた1本、 待望の復活です!! INFORMATIONNamePinot Noir Coldstream Hillsブドウ品種ピノ・ノワール100%生産者名コールド・ストリーム・ヒルズ産地オーストラリア/ヴィクトリアRegionAustralia/Victoria内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating

ピノ ノワール 2017 コールドストリーム ヒルズ 赤ワイン —— 3,400円

オーストラリア

ピノ ノワール ロゼ 2016 バス フィリップ ロゼワイン キャップシール色違いありご指定不可 S

『こんなの見たことありますか?』 バス フィリップ と聞けば、高額なピノノワールを連想される方も多いと思います。 でも、 ピノノワール100% で ロゼも造っているのです! 聞くところによると、オーストラリアのレストランでは、かなり人気らしいです♪ ワイン好きが集まる会に持参すると、かなり盛り上がりそうです! INFORMATIONNamePinot Noire Rose Bass Phillipブドウ品種ピノ ノワール生産者名バス・フィリップ産地オーストラリア/ヴィクトリア/ギプスランドRegionAustralia/Victoria/Gippsland内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating オーストラリアの アンリ・ジャイエ!? 豪州随一の造り手! 大胆な発言かもしれません。 でも、 オーストラリアでひとり 例えるなら、私は彼を挙げたいと思います。 生み出すワイン、その歴史、哲学のあるワイン造り。どれをとっても、やっぱり 『普通じゃない』オーラ をヒシヒシと感じます。 その人の名は、フィリップ・ジョーンズ。バス・フィリップと言う名のワイナリーのオーナーです。 彼との出会いは、日本で行われた、数年前のオーストラリア・ワインの展示会での事でした。 『あっ、何だか美味しそうなピノ♪』 何気に差し出したグラスに注がれたそのワインの香りに、 ショックに近い驚き を受けたのは言うまでもありません。 『このピノ、凄いかも…この人、何者?』 既に長年にわたりキャリアを積んだであろう氏の朗々と語るその姿に、一瞬にして惹き付けられました。 そこにはたった2種のピノしかなかったにも関わらず、彼のワインが、間違いなくすごいものである事は 確信 できました。 その時、あまりの驚き、賑わいを見せた会場の喧騒の中、忙しそうな彼とは少ししか話せませんでしたが、帰ってからもますますその味わいの記憶は鮮明になるばかり。 後になって、彼のワインが カリスマ的存在 である事、日本未輸入のこのワインを、輸入を手掛ける人々が、こぞって狙っていること、かつて、デュクリュ・ボーカイユのワインに魅了され、その後、大きな影響を受けたのは、 アンリ・ジャイエ のワインであり、今、彼がこの素晴らしいワインを手掛けているのに、多大なる影響を与えた人物その人が、やはりアンリ・ジャイエ氏であったことなど、様々な事を知りました。 が、その時、彼のワインは日本未輸入だったのです… 熱烈な日本のインポーターのラブコールに彼は応えてくれるのか。応えたくても、生産量の少なさゆえ、輸出を果たすことが出来るのか…。 そんな思いを抱えながら、一年近くが過ぎた頃、オーストラリアの展示会のため、シドニーに出向く機会に恵まれました。 こぞって名生産者が並ぶ中、最も端のブースに、バス・フィリップの名を発見! はやる気持ちを抑え、ひとりでに緩む頬を気にしつつ、向かったその先は、わざわざ出向かないと分からないであろう、ひっそりとした区画。 そして、そこに見える、ブースを取り囲む沢山の 人・人・人! 参加しているのは、殆どがオーストラリア現地のプロの人々です。そう、彼らは知っているのです。 この人の偉大さ 、このワインの美味しさを! しかも、嬉しいことに、ダンボールの裏に図を描き、熱心にワイン造りについて語るフィリップ氏。私の顔を覚えてくださっていたのです! お恥ずかしながら、嬉しさのあまり、 隠し切れない笑みが印象に残っていたとか(笑) その時、彼のワインが前回の二種だけでなく、シャルドネやガメイもあり、さらにはガメイがこれまた 『ピノ!?』 と思わせるエレガントな芳香、味わいである事にまたまたびっくり! 嬉しそうに飲む私を見て、現地の人も『お前、ここのワインの美味しさ知ってるのか?』と、悔しそう(笑) そう、知ってます。私だけでなく、ワイン好きが放っておくわけがありません。 そしてやっと、念願の日本入荷を果たしたのです! テロワールの考えを常に大事に、 独自のワイン哲学を究める 、フィリップ・ジョーンズ氏。 時には、エーカーあたり1トン以下という、非常に少ない収量。毎年の生産量もわずか数百ケースのみと極少々。全てに妥協をしない彼は、年によっては一樽分のみのリザーブワインが瓶詰めされるといったようなこともあるとか。 天然酵母、自然な栽培、醸造など、一切の手間を惜しまず、こだわりのワインだけを生み出す、バス・フィリップ。 とにかく、彼の存在、そのワインも、私にとっては 『オーストラリアのアンリ・ジャイエ』 と、呼びたくなる存在です。 とにかく、こだわり優先ですから、入荷はとってもとっても不安定です。来年本当に、またワインが入ってくるのか… 正直、オーストラリアまで引き取りに行きたいくらいです。

ピノ ノワール ロゼ 2016 バス フィリップ ロゼワイン キャップシール色違いありご指定不可 S —— 3,900円

オーストラリア

ピノ ノワール ロゼ 2016 バス フィリップ ロゼワイン キャップシール色違いありご指定不可 S

『こんなの見たことありますか?』 バス フィリップ と聞けば、高額なピノノワールを連想される方も多いと思います。 でも、 ピノノワール100% で ロゼも造っているのです! 聞くところによると、オーストラリアのレストランでは、かなり人気らしいです♪ ワイン好きが集まる会に持参すると、かなり盛り上がりそうです! INFORMATIONNamePinot Noire Rose Bass Phillipブドウ品種ピノ ノワール生産者名バス・フィリップ産地オーストラリア/ヴィクトリア/ギプスランドRegionAustralia/Victoria/Gippsland内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating オーストラリアの アンリ・ジャイエ!? 豪州随一の造り手! 大胆な発言かもしれません。 でも、 オーストラリアでひとり 例えるなら、私は彼を挙げたいと思います。 生み出すワイン、その歴史、哲学のあるワイン造り。どれをとっても、やっぱり 『普通じゃない』オーラ をヒシヒシと感じます。 その人の名は、フィリップ・ジョーンズ。バス・フィリップと言う名のワイナリーのオーナーです。 彼との出会いは、日本で行われた、数年前のオーストラリア・ワインの展示会での事でした。 『あっ、何だか美味しそうなピノ♪』 何気に差し出したグラスに注がれたそのワインの香りに、 ショックに近い驚き を受けたのは言うまでもありません。 『このピノ、凄いかも…この人、何者?』 既に長年にわたりキャリアを積んだであろう氏の朗々と語るその姿に、一瞬にして惹き付けられました。 そこにはたった2種のピノしかなかったにも関わらず、彼のワインが、間違いなくすごいものである事は 確信 できました。 その時、あまりの驚き、賑わいを見せた会場の喧騒の中、忙しそうな彼とは少ししか話せませんでしたが、帰ってからもますますその味わいの記憶は鮮明になるばかり。 後になって、彼のワインが カリスマ的存在 である事、日本未輸入のこのワインを、輸入を手掛ける人々が、こぞって狙っていること、かつて、デュクリュ・ボーカイユのワインに魅了され、その後、大きな影響を受けたのは、 アンリ・ジャイエ のワインであり、今、彼がこの素晴らしいワインを手掛けているのに、多大なる影響を与えた人物その人が、やはりアンリ・ジャイエ氏であったことなど、様々な事を知りました。 が、その時、彼のワインは日本未輸入だったのです… 熱烈な日本のインポーターのラブコールに彼は応えてくれるのか。応えたくても、生産量の少なさゆえ、輸出を果たすことが出来るのか…。 そんな思いを抱えながら、一年近くが過ぎた頃、オーストラリアの展示会のため、シドニーに出向く機会に恵まれました。 こぞって名生産者が並ぶ中、最も端のブースに、バス・フィリップの名を発見! はやる気持ちを抑え、ひとりでに緩む頬を気にしつつ、向かったその先は、わざわざ出向かないと分からないであろう、ひっそりとした区画。 そして、そこに見える、ブースを取り囲む沢山の 人・人・人! 参加しているのは、殆どがオーストラリア現地のプロの人々です。そう、彼らは知っているのです。 この人の偉大さ 、このワインの美味しさを! しかも、嬉しいことに、ダンボールの裏に図を描き、熱心にワイン造りについて語るフィリップ氏。私の顔を覚えてくださっていたのです! お恥ずかしながら、嬉しさのあまり、 隠し切れない笑みが印象に残っていたとか(笑) その時、彼のワインが前回の二種だけでなく、シャルドネやガメイもあり、さらにはガメイがこれまた 『ピノ!?』 と思わせるエレガントな芳香、味わいである事にまたまたびっくり! 嬉しそうに飲む私を見て、現地の人も『お前、ここのワインの美味しさ知ってるのか?』と、悔しそう(笑) そう、知ってます。私だけでなく、ワイン好きが放っておくわけがありません。 そしてやっと、念願の日本入荷を果たしたのです! テロワールの考えを常に大事に、 独自のワイン哲学を究める 、フィリップ・ジョーンズ氏。 時には、エーカーあたり1トン以下という、非常に少ない収量。毎年の生産量もわずか数百ケースのみと極少々。全てに妥協をしない彼は、年によっては一樽分のみのリザーブワインが瓶詰めされるといったようなこともあるとか。 天然酵母、自然な栽培、醸造など、一切の手間を惜しまず、こだわりのワインだけを生み出す、バス・フィリップ。 とにかく、彼の存在、そのワインも、私にとっては 『オーストラリアのアンリ・ジャイエ』 と、呼びたくなる存在です。 とにかく、こだわり優先ですから、入荷はとってもとっても不安定です。来年本当に、またワインが入ってくるのか… 正直、オーストラリアまで引き取りに行きたいくらいです。

ピノ ノワール ロゼ 2016 バス フィリップ ロゼワイン キャップシール色違いありご指定不可 S —— 3,900円