シャトーヌフ デュ パプ 1983 ドメーヌ フォン ド ミッシェル 赤ワイン ラベル瓶&キャップに汚れ 破れ 傷有り S

■商品の状態について■ 経年に伴い、ラベル、キャップシール、ボトルなどに、汚れや傷、破れや剥がれなど劣化があるものがございます。 状態もそれぞれ差がございます。 ※状態のご指定は、お受け出来ませんので、ご了承の上お買い求め下さい。商品到着後のキャンセルやご返品もご遠慮下さいませ。 INFORMATIONNameChateauneuf du Pape Font de Michelleブドウ品種グルナッシュ/シラー/ムールヴェードル生産者名ドメーヌ・フォン・ド・ミッシェル産地フランス/コート・デュ・ローヌ/シャトーヌフ・デュ・パプRegionFrance/Cotes du Rhone/Chateauneuf du Pape内容量750mlWA−/Issue −WS85/Issue Oct 15, 1991※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating シャトーヌフ デュ パプ 1983 ドメーヌ フォン ド ミッシェル 赤ワイン ラベル瓶&キャップに汚れ 破れ 傷有り S

スケヴェルドラ 2014 セバスチャン リフォー 白ワイン S

INFORMATIONNameSancerre Skeveldra Sebastien Riffaultブドウ品種ソーヴィニヨン・ブラン生産者名セバスチャン リフォー産地フランス/ロワール/サンセールRegionFrance/Loire/Sancerre内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 業界人もざわめく! 常識を超えた!? ぶっとびサンセール!! フランスのロワール地方 サンセール といえば、爽やかで、涼やかな、ソーヴィニヨン・ブランの魅力を引き出した味わいをイメージする方が、多いはず。 実は、私もそうでした。 でも… とあるワインに出会って、その 常識は、覆された のです! そう、そのワインこそ、 セバスチャン・リフォー のサンセールです!! 初めて、セバスチャン・リフォーのワインに出会った時、トロリとした黄金色に輝く美しい液体に、 目が点に! たちまち、 虜になりました♪ 更に、同じように 衝撃を受けた人々 の、こんな話をキャッチ♪♪ ■セバスチャン・リフォーの巻き起こした衝撃!■ 【衝撃その1】 東京の 『ロワール・ワイン・コンテスト』で、第2位 に輝いた某ソムリエールは、このワインのあまりの 素晴らしさ に、サンセールの固定概念を打ち崩されるほど 衝撃 を受けたとの話をキャッチ! 【衝撃その2】 東京で行われた、インポーターの営業さんが多く集まった会での事。 超有名なブルゴーニュ・ワインなども並ぶ中、 全く無名 の、セバスチャン・リフォーが、皆のハートを鷲づかみし、 当日No.1 の座を獲得!! 【衝撃その3】 業界向けの試飲会での事。 『 すっごい美味しい サンセールがある。』 『 むちゃくちゃ旨い サンセールがあったから早速押さえる。』 と、業界人の間で、セバスチャン・リフォーのワインの 話題で持ちきり に! そして、ご紹介してはや数年。数々のお客様にも、 衝撃の出会い を果たして頂きました。 では何故、彼が、このようなワインのスタイルに辿り着いたのでしょうか。 ■輸入元様資料より抜粋■ セバスチャンの家系は何世代にもわたる農家で、麦や野菜などを栽培する他に酪農も営みチーズやバターを生産していました。本格的にワイン生産を始めたのは父親の代で、実家を継ぐ前に、数年間、ボジョレーにてワイン造りを経験、その後はパリのワインショップ 『ラヴィーニャ』 で働き、沢山の素晴らしい自然派ワインに出会います。 父親の代では2004年から全ての畑で有機栽培を、彼が戻ってからは、 バイオダイナミクス に発展させ2007年に認証を取得。 彼のモットーは、 《自分が飲みたくないものを造らない》 ことです。 第一に 健全なブドウ を栽培しそれを 完熟 させることに注力します。収穫量を徹底して低く抑え発酵は 自然のまま 、従って全てのワインは100%マロラクティック発酵を終えています。 現在、ほぼ全てのサンセールは醸造時に亜硫酸を添加することで二次発酵の発生を抑え、フレッシュなリンゴ酸を残すように造られています。 その類いのサンセールを否定はしませんが、少なくとも彼自身は、とても風変わりでおよそサンセールらしからぬワインを造っているように思われたとしても、実のところは 伝統的 で、かつて50年以上前までは普通に造られていた サンセールの姿を再現 することに努めているのです。 そのため、彼のワインには収穫時からビン詰めに至るまで、全く亜硫酸が添加されておりません。(ただし、クァルトロンだけはビン詰めの際に20mg/Lを添加) 近年は2006年から採用したバイオダイナミクスの結果が特に反映されつつあり、葡萄の 凝縮感 が極めて高いだけではなく 綺麗な酸 が感じられ、 調和のとれた ワインとなっております。 そうなんです。常識を覆す、と思っていたサンセールは、実は、 原点回帰の味わい だったのです。 つまり、今、主流のスタイルと、セバスチャン・リフォーのスタイル。 どっちも、サンセールの姿 なんですね。 皆さんも、 美味しい衝撃体験 、して下さい!! 2007年〜カリテ・フランスのBIO認証を取得 スケヴェルドラ 2014 セバスチャン リフォー 白ワイン S

セ タン ブラン 2017 リエッシュ1000ml 白ワイン

INFORMATIONNameC'est un Blanc Le Litre Rietschブドウ品種シルヴァネール/リースリング/オーセロワ生産者名リエッシュ産地フランス/アルザスRegionFrance/Alsace内容量1000mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 《アルザスの純真》 伝統的なワインから ナチュラルヘ ■輸入元様資料より抜粋■ 《アルザスの純真》 アルザス地方ミッテルベルカイムは 「フランスで最も美しい村のひとつ」 素朴でこじんまりとしてますが伝統的な街並みがとても美しい村にリエッシュはあります。 リエッシュ家の人たちはもの静かで素直。育ちの良さが伝わってきます。 美しい酸 と ミネラル を感じる伝統的なスタイルのワインから、酸化防止剤無添加・醸し期間を長くとった実験的なワインなど、年々 ナチュラル な方向へ向かっています。 エチケットは家の裏に住む女性アーティストがデザインしたもの。 セ タン ブラン 2017 リエッシュ1000ml 白ワイン

ブラン ヴィエイユ ヴィーニュ V.V. 2016 シャトー ド ボーカステル 白ワイン tp S

『死ぬ前に飲むべき100のワイン』 ニール・ベケット氏監修の… 『死ぬ前に飲むべき100のワイン』 に、掲載されるほど評価の高いシャトー・ド・ボーカステル。 ワイン評論家達からも、過去に何度も100点の評価をされている名門中の名門。 そんなシャトー ド ボーカステルから、 96点を獲得した白のヴィエイユ ヴィーニュ(=古木) が入荷しました! 生産量は、たったの500ケースなので、気になる方は、早めに買っておいた方が良いと思います(^_^)v ■『ワイン・アドヴォケイト誌233号(1st Nov 2017)』より抜粋■ The 500-case production of this wine comes from a three-hectare parcel of Roussanne planted in 1909. The 2016 Chateauneuf du Pape Roussanne Vieilles Vignes takes the quality of Beaucastel's traditional white and raises it another level. Caramelized pineapple sounds sweet and cloying, but it isn't when it's backed by amazing texture, citrus zest and a briny sensation on the never-ending finish. As this was the last wine of my visit to the estate, I found it especially hard to spit out. ◆パーカー・ポイント:96点 ◆飲み頃:2017年〜2030年 INFORMATIONNameChateau de Beaucastel Blanc Vieilles Vignes V.V. Chateau de Beaucastelブドウ品種ルーサンヌ100%生産者名シャトー ド ボーカステル産地フランス/ローヌ/シャトーヌフ・デュ・パプRegionFrance/Rhone/Chateauneuf du Pape内容量750mlWA96/Issue 1st Nov 2017WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating ロバート・パーカー氏から 最高の5ツ星評価! ワイン好き憧れの逸品!! ロバート・パーカー氏の著 『The Wines of Rhone Valley』 でも… 『最高の5ツ星を獲得!』 フランス・ワインの評価本 『Les Meilleurs vins de France2010』 では、 《シャトー・ペトリュス》や、《シャトー・ラフィット・ロートシルト》、《クリュッグ》、《ロマネ・コンティ》 などと共に最高の3ツ星を獲得! そして… 『死ぬ前に飲むべき100のワイン』 では、下記のように語られている造り手、それが シャトー・ド・ボーカステル です。 ■■ニール・ベケット氏監修『死ぬ前に飲むべき100のワイン』より抜粋■■ 現在、 シャトー・ド・ボーカステル は、ジャックの2人の息子、ジャンとフランソワによって経営されている。 1989年は気候がとても良かったので、ペラン兄弟はこの年の葡萄から亡き父に捧げるキュベを造る事に決めた。オマージュ・ア・ジャック・ペランは主に、少量の完熟し、濃縮された果実をつけるムールヴェードルの古木の葡萄を使っている。 そのワインは2006年 ワールド・オブ・ファイン・ワイン・ショー でのシャトーヌフ・デュ・パプのブラインド・テイスティングに出品され、シャトー・ド・ボーカステル・オマージュ・ア・ジャック・ペランの4つのヴィンテージが、 上位4位を独占 し、疑いも無くそれは ローヌ南部の最高のワイン であることを証明した。 と、その伝説的なエピソードを語っています。 私も今年、とある、古酒の品揃えが魅力的なお店で、いくつかの候補の中に出てきた、ボーカステルのシャトーヌフ・デュ・パプ 1992年 を飲んだのですが、何ともいえない調和の取れたかぐわしい香りと味わいの魅力に、今一度、 この造り手の実力 を見せ付けられた思いがしました。 そんな訳で… 皆様にも飲んで頂きたく、色々探していたのですが、ようやく今回、 3ヴィンテージ を揃えてご紹介する事が出来るチャンスが来ました! 今回、最も 飲み頃 としてオススメの1本から、 『96点獲得!』の2007年 まで、気になる3ヴィンテージが揃いました。 ローヌきっての名手の1本、是非味わってください!! ブラン ヴィエイユ ヴィーニュ V.V. 2016 シャトー ド ボーカステル 白ワイン tp S

ブラン フュメ ド プイィ 2011 ディディエ ダグノー 白ワイン S

INFORMATIONNameBlanc Fumé de Pouilly Didier Dagueneauブドウ品種ソーヴィニヨン・ブラン生産者名ディディエ・ダグノー産地フランス/ロワール/プイィ・フュメRegionFrance/Loire/Pouilly Fume内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating ダグノーの名を聞いた事ありますか? 別格中の別格! 世界最高ランクの白!! 『デキャンター誌』も絶賛♪ 『最上のプィィ・フュメ』 いや、それとも… 『世界最高ランクの白ワイン』 と、呼ぶべきでしょうか? 英国の『デャンター誌』 2006年7月号で、 『世界の白ワイン・トップ生産者10人』 という特集があり、上位の造り手は… と、そうそうたるメンバーが名を連ねる中、 見事、7位にランク・イン! しかも、フランスで名の挙がった、その他の造り手は全て、ブルゴーニュという中、ロワールから唯一、選ばれているのが、今回ご紹介の、ディディエ・ダグノーです!! 一風変わった風貌 と、 個性的なラベル が、彼の生み出す白ワインへのイメージとして、強烈に感じられている方も多い筈。 そして、その風貌などと同様に 強烈なのが、その評価! フランス・ワインの評価本『クラスマン』でも、この地域のトップに紹介され2001年、2002年ともに 『全てのワインが10点満点中、9点〜10点獲得!』 と、高得点を連発!! ちなみに、 ルフレーヴ や ラフォン、コシュ・デュリ でも、同誌に掲載されているのは 8〜9.5点 なのですから、ディディエ・ダグノーは、 総合的に考えれば、この中でもトップ と言えるかもしれません。 そんな彼のワインですから、人気も高く、以前タカムラでご紹介させて頂いた際にも、入荷の度に、アッと言う間に完売の連続…。 そんなディディエ・ダグノーのワインの中でも、レア・アイテムのひとつシレックスが入荷しました! 世界最高の白ワインをご堪能下さい!! 【ピュイ・フュメの個性とは?】 プイイは村の名であり、フュメは 「煙」を意味 する。 世界中に名高い このアペラシオンは、ソーヴィニョン・ブランから世界で最もわくわくするようなワインを生産している。 それは、 火打ち石 のようで(煙のようだともいわれる)、土やハーブやメロンの香りのする、豊かな芳香を持った白ワインで、ミディアムボディからフルボディまでさまざまでる。 最近の最良のヴィンテージには、あと2〜3年の間は十分においしく飲めるであろう壮大な1990年、あと5〜7年の間が秀逸であろう1996年、あと2〜3年のうちに飲むべき1997年がある。 ついでに述べておくと、プイイ=フュメとすばらしくよく合う食べ物は、ヤギ乳のチーズである。 (『厳正評価 世界のワイン―ワイン・バイヤーズ・ガイド』より) 【ディディエ・ダグノーとは?】 ディディエ・ダグノーDidier Dagueneauは、明らかにこのアペラシオンにおける 最良の生産者 である。 彼のワインは純粋で、豊かで、深みがあり、複雑さと凝縮味、それに注目に値する熟成能力を持っている。 彼がこのアペラシオンにおいて、適度な収量を維持し、機械による収穫を避ける 稀有 なブドウ栽培者の一人であるということは驚きではなかろうか。 (『厳正評価 世界のワイン―ワイン・バイヤーズ・ガイド』より) ブラン フュメ ド プイィ 2011 ディディエ ダグノー 白ワイン S

エルミタージュ ル パヴィヨン 2013 シャプティエ 赤ワイン S tp

■蝋キャップについて■ こちらは 蝋キャップ の商品でございます。輸送途中で、既に 蝋が欠けているものや割れている ものもございます。 商品到着後の、返品交換はお受け致しかねますので、ご了承の上お買い求め下さい。 ■『ワイン・アドヴォケイト222号』より抜粋■ The star of the show in 2013 is the 2013 Ermitage le Pavillon. Coming from the west and eastern edges of the Bessards lieu-dit and aged in 30% new French oak, its sensational black/blue color is followed by the awesome bouquet of cassis, smoked earth, graphite and caramelized meats that could come from no other terroir in the world. Full-bodied, massive, dense, sexy and with a liquid rock-like character that comes out with time in the glass, it has sweet tannin and a blockbuster finish that keeps you coming back to the glass. It needs 5-6 years of cellaring and will have 30-40 years of more of ultimate longevity. ◆パーカーポイント:98+点 ◆飲み頃予想:2021〜2061年 INFORMATIONNameErmitage le Pavillon Chapoutierブドウ品種シラー生産者名シャプティエ産地フランス/ローヌ/北ローヌ/エルミタージュRegionFrance/Rhone/North Rhone/Ermitage内容量750mlWA98+/Issue 31st Dec 2015WS96/Issue Jun 15, 2016※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating ローヌを代表する生産者であり、北ローヌ、南ローヌ各地のワインを世に送り出している、Mシャプティエ。 1808年からと歴史は古く、 有機農法を実践 、その造りはフランス本国でも高い評判を得ている、シャプティエ。 シャプティエと言えば、 ラベルにほどこした点字も有名 ですが、その発端は友人で盲目のシャンソン歌手の為に、彼女のお気に入りのワインがいつもテーブルにある事が確かめられる様に、との優しさからでした。 規模は大きくとも、ワインに対する思い、シャプティエのワインを愛する人々に対する思いがストレートに伝わる。 シャプティエの魅力が色褪せない秘訣なのではないでしょうか! そんな『変わらぬ良き心』を持ち続けるシャプティエのワインの中の頂点であり、きわめて樹齢の高い畑、限られた生産量で生み出される最上級品、セレクション・パーセレールが入荷しました。 驚きのパーカー・ポイント高得点連発ワイン が登場ですっ! 思わず、目が点になり、 『スッゲ〜っ!』 と声出てしまいました。 イメージ的には… ( ゜_゜;) こんな感じです(笑) 本当に、ビックリしました!! エルミタージュ ル パヴィヨン 2013 シャプティエ 赤ワイン S tp

オクシニス タルディフ 2012 セバスチャン リフォー 白ワイン S

INFORMATIONNameSancerre Auksinis Tardif Sebastien Riffaultブドウ品種ソーヴィニヨン・ブラン生産者名セバスチャン リフォー産地フランス/ロワール/サンセールRegionFrance/Loire/Sancerre内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 業界人もざわめく! 常識を超えた!? ぶっとびサンセール!! フランスのロワール地方 サンセール といえば、爽やかで、涼やかな、ソーヴィニヨン・ブランの魅力を引き出した味わいをイメージする方が、多いはず。 実は、私もそうでした。 でも… とあるワインに出会って、その 常識は、覆された のです! そう、そのワインこそ、 セバスチャン・リフォー のサンセールです!! 初めて、セバスチャン・リフォーのワインに出会った時、トロリとした黄金色に輝く美しい液体に、 目が点に! たちまち、 虜になりました♪ 更に、同じように 衝撃を受けた人々 の、こんな話をキャッチ♪♪ ■セバスチャン・リフォーの巻き起こした衝撃!■ 【衝撃その1】 東京の 『ロワール・ワイン・コンテスト』で、第2位 に輝いた某ソムリエールは、このワインのあまりの 素晴らしさ に、サンセールの固定概念を打ち崩されるほど 衝撃 を受けたとの話をキャッチ! 【衝撃その2】 東京で行われた、インポーターの営業さんが多く集まった会での事。 超有名なブルゴーニュ・ワインなども並ぶ中、 全く無名 の、セバスチャン・リフォーが、皆のハートを鷲づかみし、 当日No.1 の座を獲得!! 【衝撃その3】 業界向けの試飲会での事。 『 すっごい美味しい サンセールがある。』 『 むちゃくちゃ旨い サンセールがあったから早速押さえる。』 と、業界人の間で、セバスチャン・リフォーのワインの 話題で持ちきり に! そして、ご紹介してはや数年。数々のお客様にも、 衝撃の出会い を果たして頂きました。 では何故、彼が、このようなワインのスタイルに辿り着いたのでしょうか。 ■輸入元様資料より抜粋■ セバスチャンの家系は何世代にもわたる農家で、麦や野菜などを栽培する他に酪農も営みチーズやバターを生産していました。本格的にワイン生産を始めたのは父親の代で、実家を継ぐ前に、数年間、ボジョレーにてワイン造りを経験、その後はパリのワインショップ 『ラヴィーニャ』 で働き、沢山の素晴らしい自然派ワインに出会います。 父親の代では2004年から全ての畑で有機栽培を、彼が戻ってからは、 バイオダイナミクス に発展させ2007年に認証を取得。 彼のモットーは、 《自分が飲みたくないものを造らない》 ことです。 第一に 健全なブドウ を栽培しそれを 完熟 させることに注力します。収穫量を徹底して低く抑え発酵は 自然のまま 、従って全てのワインは100%マロラクティック発酵を終えています。 現在、ほぼ全てのサンセールは醸造時に亜硫酸を添加することで二次発酵の発生を抑え、フレッシュなリンゴ酸を残すように造られています。 その類いのサンセールを否定はしませんが、少なくとも彼自身は、とても風変わりでおよそサンセールらしからぬワインを造っているように思われたとしても、実のところは 伝統的 で、かつて50年以上前までは普通に造られていた サンセールの姿を再現 することに努めているのです。 そのため、彼のワインには収穫時からビン詰めに至るまで、全く亜硫酸が添加されておりません。(ただし、クァルトロンだけはビン詰めの際に20mg/Lを添加) 近年は2006年から採用したバイオダイナミクスの結果が特に反映されつつあり、葡萄の 凝縮感 が極めて高いだけではなく 綺麗な酸 が感じられ、 調和のとれた ワインとなっております。 そうなんです。常識を覆す、と思っていたサンセールは、実は、 原点回帰の味わい だったのです。 つまり、今、主流のスタイルと、セバスチャン・リフォーのスタイル。 どっちも、サンセールの姿 なんですね。 皆さんも、 美味しい衝撃体験 、して下さい!! 2007年〜カリテ・フランスのBIO認証を取得 オクシニス タルディフ 2012 セバスチャン リフォー 白ワイン S

シルヴァネール グラン クリュ ツォツェンベルグ 2010 リエッシュ 白ワイン S

INFORMATIONNameSylvaner Grand Cru Zotzenberg Rietschブドウ品種シルヴァネール生産者名リエッシュ産地フランス/アルザスRegionFrance/Alsace内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 《アルザスの純真》 伝統的なワインから ナチュラルヘ ■輸入元様資料より抜粋■ 《アルザスの純真》 アルザス地方ミッテルベルカイムは 「フランスで最も美しい村のひとつ」 素朴でこじんまりとしてますが伝統的な街並みがとても美しい村にリエッシュはあります。 リエッシュ家の人たちはもの静かで素直。育ちの良さが伝わってきます。 美しい酸 と ミネラル を感じる伝統的なスタイルのワインから、酸化防止剤無添加・醸し期間を長くとった実験的なワインなど、年々 ナチュラル な方向へ向かっています。 エチケットは家の裏に住む女性アーティストがデザインしたもの。 シルヴァネール グラン クリュ ツォツェンベルグ 2010 リエッシュ 白ワイン S

アクメニネ 2015 セバスチャン リフォー 白ワイン S

INFORMATIONNameSancerre Akmenine Sebastien Riffaultブドウ品種ソーヴィニヨン・ブラン生産者名セバスチャン リフォー産地フランス/ロワール/サンセールRegionFrance/Loire/Sancerre内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 業界人もざわめく! 常識を超えた!? ぶっとびサンセール!! フランスのロワール地方 サンセール といえば、爽やかで、涼やかな、ソーヴィニヨン・ブランの魅力を引き出した味わいをイメージする方が、多いはず。 実は、私もそうでした。 でも… とあるワインに出会って、その 常識は、覆された のです! そう、そのワインこそ、 セバスチャン・リフォー のサンセールです!! 初めて、セバスチャン・リフォーのワインに出会った時、トロリとした黄金色に輝く美しい液体に、 目が点に! たちまち、 虜になりました♪ 更に、同じように 衝撃を受けた人々 の、こんな話をキャッチ♪♪ ■セバスチャン・リフォーの巻き起こした衝撃!■ 【衝撃その1】 東京の 『ロワール・ワイン・コンテスト』で、第2位 に輝いた某ソムリエールは、このワインのあまりの 素晴らしさ に、サンセールの固定概念を打ち崩されるほど 衝撃 を受けたとの話をキャッチ! 【衝撃その2】 東京で行われた、インポーターの営業さんが多く集まった会での事。 超有名なブルゴーニュ・ワインなども並ぶ中、 全く無名 の、セバスチャン・リフォーが、皆のハートを鷲づかみし、 当日No.1 の座を獲得!! 【衝撃その3】 業界向けの試飲会での事。 『 すっごい美味しい サンセールがある。』 『 むちゃくちゃ旨い サンセールがあったから早速押さえる。』 と、業界人の間で、セバスチャン・リフォーのワインの 話題で持ちきり に! そして、ご紹介してはや数年。数々のお客様にも、 衝撃の出会い を果たして頂きました。 では何故、彼が、このようなワインのスタイルに辿り着いたのでしょうか。 ■輸入元様資料より抜粋■ セバスチャンの家系は何世代にもわたる農家で、麦や野菜などを栽培する他に酪農も営みチーズやバターを生産していました。本格的にワイン生産を始めたのは父親の代で、実家を継ぐ前に、数年間、ボジョレーにてワイン造りを経験、その後はパリのワインショップ 『ラヴィーニャ』 で働き、沢山の素晴らしい自然派ワインに出会います。 父親の代では2004年から全ての畑で有機栽培を、彼が戻ってからは、 バイオダイナミクス に発展させ2007年に認証を取得。 彼のモットーは、 《自分が飲みたくないものを造らない》 ことです。 第一に 健全なブドウ を栽培しそれを 完熟 させることに注力します。収穫量を徹底して低く抑え発酵は 自然のまま 、従って全てのワインは100%マロラクティック発酵を終えています。 現在、ほぼ全てのサンセールは醸造時に亜硫酸を添加することで二次発酵の発生を抑え、フレッシュなリンゴ酸を残すように造られています。 その類いのサンセールを否定はしませんが、少なくとも彼自身は、とても風変わりでおよそサンセールらしからぬワインを造っているように思われたとしても、実のところは 伝統的 で、かつて50年以上前までは普通に造られていた サンセールの姿を再現 することに努めているのです。 そのため、彼のワインには収穫時からビン詰めに至るまで、全く亜硫酸が添加されておりません。(ただし、クァルトロンだけはビン詰めの際に20mg/Lを添加) 近年は2006年から採用したバイオダイナミクスの結果が特に反映されつつあり、葡萄の 凝縮感 が極めて高いだけではなく 綺麗な酸 が感じられ、 調和のとれた ワインとなっております。 そうなんです。常識を覆す、と思っていたサンセールは、実は、 原点回帰の味わい だったのです。 つまり、今、主流のスタイルと、セバスチャン・リフォーのスタイル。 どっちも、サンセールの姿 なんですね。 皆さんも、 美味しい衝撃体験 、して下さい!! 2007年〜カリテ・フランスのBIO認証を取得 アクメニネ 2015 セバスチャン リフォー 白ワイン S

コート ロティ ラ モルドレ 2015 M.シャプティエ 赤ワイン tp S

■『ワイン・アドヴォケイト234号』より抜粋■ Slightly lifted and herbal, the 2015 Cote Rotie la Mordoree concedes no precision to the heat of the vintage, offering olive, raspberry and mocha shadings while being full-bodied, plush and velvety yet vibrant on the long finish . Now this is exciting! ◆パーカーポイント:97点 ◆飲み頃予想:2020〜2040年 ■輸入元様資料より抜粋■ 『コート・ロティ ラ・モルドレ』は1990年より生産されたキュヴェですが、1991年 のセカンド・ヴィンテージにしてパーカーポイント100点満点を獲得した秀逸なワインです。 口に含むとなめらかな舌触りが心地よく、しっかりした骨格が楽しめます。 エレガントで調和のとれたワインです。 INFORMATIONNameCote Rotie la Mordoree M. Chapoutierブドウ品種シラー生産者名M.シャプティエ産地フランス/ローヌ/コート・ロティ/ラ・モルドレRegionFrance/Rhone/Cote Rotie/la Mordoree内容量750mlWA97/Issue 30th Dec 2017WS97/Issue Sep 30, 2018※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating ローヌを代表する生産者であり、北ローヌ、南ローヌ各地のワインを世に送り出している、Mシャプティエ。 1808年からと歴史は古く、 有機農法を実践 、その造りはフランス本国でも高い評判を得ている、シャプティエ。 シャプティエと言えば、 ラベルにほどこした点字も有名 ですが、その発端は友人で盲目のシャンソン歌手の為に、彼女のお気に入りのワインがいつもテーブルにある事が確かめられる様に、との優しさからでした。 規模は大きくとも、ワインに対する思い、シャプティエのワインを愛する人々に対する思いがストレートに伝わる。 シャプティエの魅力が色褪せない秘訣なのではないでしょうか! そんな『変わらぬ良き心』を持ち続けるシャプティエのワインの中の頂点であり、きわめて樹齢の高い畑、限られた生産量で生み出される最上級品、セレクション・パーセレールが入荷しました。 驚きのパーカー・ポイント高得点連発ワイン が登場ですっ! 思わず、目が点になり、 『スッゲ〜っ!』 と声出てしまいました。 イメージ的には… ( ゜_゜;) こんな感じです(笑) 本当に、ビックリしました!! コート ロティ ラ モルドレ 2015 M.シャプティエ 赤ワイン tp S

コート ロティ ラ モルドレ 2015 M.シャプティエ 赤ワイン tp S

■『ワイン・アドヴォケイト234号』より抜粋■ Slightly lifted and herbal, the 2015 Cote Rotie la Mordoree concedes no precision to the heat of the vintage, offering olive, raspberry and mocha shadings while being full-bodied, plush and velvety yet vibrant on the long finish . Now this is exciting! ◆パーカーポイント:97点 ◆飲み頃予想:2020〜2040年 ■輸入元様資料より抜粋■ 『コート・ロティ ラ・モルドレ』は1990年より生産されたキュヴェですが、1991年 のセカンド・ヴィンテージにしてパーカーポイント100点満点を獲得した秀逸なワインです。 口に含むとなめらかな舌触りが心地よく、しっかりした骨格が楽しめます。 エレガントで調和のとれたワインです。 INFORMATIONNameCote Rotie la Mordoree M. Chapoutierブドウ品種シラー生産者名M.シャプティエ産地フランス/ローヌ/コート・ロティ/ラ・モルドレRegionFrance/Rhone/Cote Rotie/la Mordoree内容量750mlWA97/Issue 30th Dec 2017WS97/Issue Sep 30, 2018※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating ローヌを代表する生産者であり、北ローヌ、南ローヌ各地のワインを世に送り出している、Mシャプティエ。 1808年からと歴史は古く、 有機農法を実践 、その造りはフランス本国でも高い評判を得ている、シャプティエ。 シャプティエと言えば、 ラベルにほどこした点字も有名 ですが、その発端は友人で盲目のシャンソン歌手の為に、彼女のお気に入りのワインがいつもテーブルにある事が確かめられる様に、との優しさからでした。 規模は大きくとも、ワインに対する思い、シャプティエのワインを愛する人々に対する思いがストレートに伝わる。 シャプティエの魅力が色褪せない秘訣なのではないでしょうか! そんな『変わらぬ良き心』を持ち続けるシャプティエのワインの中の頂点であり、きわめて樹齢の高い畑、限られた生産量で生み出される最上級品、セレクション・パーセレールが入荷しました。 驚きのパーカー・ポイント高得点連発ワイン が登場ですっ! 思わず、目が点になり、 『スッゲ〜っ!』 と声出てしまいました。 イメージ的には… ( ゜_゜;) こんな感じです(笑) 本当に、ビックリしました!! コート ロティ ラ モルドレ 2015 M.シャプティエ 赤ワイン tp S

コンドリュー ヴェルニヨン ドメーヌ ジャメ 2016 ドメーヌ ジャメ 白ワイン S

完熟しつつ瑞々しさを保ったブラックチェリー、カシスのような黒い果実に、小粒の赤果実を潰したような果実味。黒鉛や若干の鉄っぽさ、 ビターチョコ 、 エキゾチックなスパイス 、 ローストやスモーク の香ばしさ。 めくるめく香り と、 今飲んで心地良いフレッシュさ と幾層にもなった味わい。しっかりと、かつ、しなやかで、これからの発展を想像せずにはいられない余韻の長さから、 第1級たる伝統や品格・エレガンス を感じずにはいられませんでした。 (2019年2月8日試飲) INFORMATIONNameCondrieu Vernillon Domaine Jametブドウ品種ヴィオニエ生産者名ドメーヌ ジャメ産地フランス/ローヌ/コンドリューRegionFrance/Rhone/Condrieu内容量750mlWA92/Issue 30th Dec 2017WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 生産量はごく僅か! パーカーも大絶賛の コート・ロティを代表する造り手 ■輸入元様資料より抜粋■ コートロティは北ローヌ地方に位置し、 ローマ人が初めてブドウを栽培した場所 として広く認められています。 アンピュイ村のドメーヌジャメが造るワインは 生産量が非常に限られています 。 ジョセフ・ジャメが1979年にドメーヌを立ち上げ、現在では息子のジャンポールとジャンルークによって運営されています。 この15年間でジャメ兄弟により多くの改善がなされました 。ジャンポールの妻、コリンはワインの瓶詰めと出荷を担当しています。 カーヴでは完全に重力に従って作業を行うため、 ブドウを強くプレスしたり果汁をポンプで汲み上げる事はありません 。 9ヘクタールの畑を所有し、そのうち6ヘクタールの畑の 平均樹齢は25〜50年 です。残りの3ヘクタールは最近植えられました。 使用するブドウの75%はコート・ブリューヌ、残りの25%はコート・ブロンドの畑のものです。 リュットレゾネで栽培 しています。 コンドリュー ヴェルニヨン ドメーヌ ジャメ 2016 ドメーヌ ジャメ 白ワイン S

エルミタージュ ルージュ モニエ ド ラ シズランヌ 1988 M.シャプティエ 赤ワイン ラベル瓶&キャップに汚れ 破れ 傷有り S

■商品の状態について■ 経年に伴い、ラベル、キャップシール、ボトルなどに、汚れや傷、破れや剥がれなど劣化があるものがございます。 状態もそれぞれ差がございます。 ※状態のご指定は、お受け出来ませんので、ご了承の上お買い求め下さい。商品到着後のキャンセルやご返品もご遠慮下さいませ。 貴重すぎる古酒! ローヌのワイン って、 熟成させてから飲むと美味しい というのは、ワイン好きなら誰もが想像する事なのに、残念ながら、熟成したローヌを目にすることって、殆どないと思います。 そんななか、シャプティエのシズランヌの1988年が、 超限定で入荷しました! 滅多に口に出来る物ではない ので、気になる方は、どうぞお早めにお試し下さい♪ 色素量がよほど豊富だったのか、今でも充分に赤黒さを保っているガーネットの色調。 甘く熟した黒い果実 やなめし皮、腐葉土。香りのトーンは低く、潜んでいた 動物や血肉などのワイルドな香り も品良く香ってきます。 ドライフルーツを噛んでいくと出てくるような果実の甘みに 枯葉や茶葉の風味 。旨味ののった、 だし的な雰囲気 があり、野趣がありながら気高い味わいです。細やかになったタンニンが口中を優しくコーテイングし、 長い余韻を楽しめます 。 (2018年12月7日試飲) INFORMATIONNameHermitage Monier de la Sizeranne Chapoutierブドウ品種シラー生産者名M.シャプティエ産地フランス/コート・デュ・ローヌ/エルミタージュRegionFrance/Cotes du Rhone/Hermitage内容量750mlWA87/Issue 1st Jan 1997WS85/Issue Dec 31, 1991※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating ローヌを代表する生産者であり、北ローヌ、南ローヌ各地のワインを世に送り出している、Mシャプティエ。 1808年からと歴史は古く、 有機農法を実践 、その造りはフランス本国でも高い評判を得ている、シャプティエ。 シャプティエと言えば、 ラベルにほどこした点字も有名 ですが、その発端は友人で盲目のシャンソン歌手の為に、彼女のお気に入りのワインがいつもテーブルにある事が確かめられる様に、との優しさからでした。 規模は大きくとも、ワインに対する思い、シャプティエのワインを愛する人々に対する思いがストレートに伝わる。 シャプティエの魅力が色褪せない秘訣なのではないでしょうか! そんな『変わらぬ良き心』を持ち続けるシャプティエのワインの中の頂点であり、きわめて樹齢の高い畑、限られた生産量で生み出される最上級品、セレクション・パーセレールが入荷しました。 驚きのパーカー・ポイント高得点連発ワイン が登場ですっ! 思わず、目が点になり、 『スッゲ〜っ!』 と声出てしまいました。 イメージ的には… ( ゜_゜;) こんな感じです(笑) 本当に、ビックリしました!! エルミタージュ ルージュ モニエ ド ラ シズランヌ 1988 M.シャプティエ 赤ワイン ラベル瓶&キャップに汚れ 破れ 傷有り S

エルミタージュ ド ロレ ブラン 2005 シャプティエ 白ワイン

99点! 数々の、 素晴らしい ローヌ・ワインを手掛ける、シャプティエ。 あのロバート・パーカー氏からは、このようなコメントをされてます。 【ロバート・パーカー氏の評価】 『シャプティエの単一畑エルミタージュ白のラインナップは、いずれも、斜面の中腹から上の辺りにあり、いずれも、 驚異的な品質 を誇る。』 (『ワイン・アドボケイト175号』より抜粋) 中でも、 区画限定 で造られるキュベは、ロバート・パーカー氏も高く評価し、パーカー・ポイント高得点の常連ですが、今回ご紹介する、ド・ロレも、そのひとつです。 この2005年ヴィンテージも… 『99点を獲得!』 そのうえ、飲み頃予測は、なんと、2015〜2045年と… 『驚異的な長さ!』 まさに、 お宝と呼べる 1本です。 記念日ワインにも、最適です♪ 後悔の無いように、 お早めに!! INFORMATIONNameErmitage de l'Oree M.Chapoutierブドウ品種ルーサンヌ生産者名M.シャプティエ産地フランス/ローヌ/クローズ・エルミタージュRegionFrance/Rhone/Crozes Hermitage内容量750mlWA99/Issue 4th Mar 2016WS96/Issue Jun 15, 2008※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating ローヌを代表する生産者であり、北ローヌ、南ローヌ各地のワインを世に送り出している、Mシャプティエ。 1808年からと歴史は古く、 有機農法を実践 、その造りはフランス本国でも高い評判を得ている、シャプティエ。 シャプティエと言えば、 ラベルにほどこした点字も有名 ですが、その発端は友人で盲目のシャンソン歌手の為に、彼女のお気に入りのワインがいつもテーブルにある事が確かめられる様に、との優しさからでした。 規模は大きくとも、ワインに対する思い、シャプティエのワインを愛する人々に対する思いがストレートに伝わる。 シャプティエの魅力が色褪せない秘訣なのではないでしょうか! そんな『変わらぬ良き心』を持ち続けるシャプティエのワインの中の頂点であり、きわめて樹齢の高い畑、限られた生産量で生み出される最上級品、セレクション・パーセレールが入荷しました。 驚きのパーカー・ポイント高得点連発ワイン が登場ですっ! 思わず、目が点になり、 『スッゲ〜っ!』 と声出てしまいました。 イメージ的には… ( ゜_゜;) こんな感じです(笑) 本当に、ビックリしました!! エルミタージュ ド ロレ ブラン 2005 シャプティエ 白ワイン

エルミタージュ ルージュ ル メアル 2015 M.シャプティエ 赤ワイン tp S

■『ワイン・アドヴォケイト234号』より抜粋■ When in the course of a tasting session one is confronted by a wine that stands above the others, I find it impossible to give more than a single perfect score. So the 2015 Ermitage le Meal gets a 'consolation prize' 99+ rating . Full-bodied and intense, loaded with blackberry fruit that pushes the limits of ripeness and richness , this incredible wine retains such fine details as hints of crushed stone, cinnamon, clove and nutmeg. Unless it shuts down, it should be drinkable by 2025 and give pleasure for many years to come . ◆パーカーポイント:99+点 ■輸入元様資料より抜粋■ 「エルミタージュ ルージュ ル・メアル」は1996年がファースト・ヴィンテージで、 ブドウの平均樹齢は50年、畑はわずか2.2haです。 2013年はパーカーポイント97点を獲得しました。 フルボディでビロードのようななめらかで力強いタンニンが特徴。 ブラックベリーのジャムのような濃厚なワイン。 INFORMATIONNameErmitage le Meal M. Chapoutierブドウ品種シラー生産者名M.シャプティエ産地フランス/ローヌ/エルミタージュ1RegionFrance/Rhone/Ermitage内容量750mlWA99+/Issue 30th Dec 2017WS98/Issue Aug 31, 2018※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating ローヌを代表する生産者であり、北ローヌ、南ローヌ各地のワインを世に送り出している、Mシャプティエ。 1808年からと歴史は古く、 有機農法を実践 、その造りはフランス本国でも高い評判を得ている、シャプティエ。 シャプティエと言えば、 ラベルにほどこした点字も有名 ですが、その発端は友人で盲目のシャンソン歌手の為に、彼女のお気に入りのワインがいつもテーブルにある事が確かめられる様に、との優しさからでした。 規模は大きくとも、ワインに対する思い、シャプティエのワインを愛する人々に対する思いがストレートに伝わる。 シャプティエの魅力が色褪せない秘訣なのではないでしょうか! そんな『変わらぬ良き心』を持ち続けるシャプティエのワインの中の頂点であり、きわめて樹齢の高い畑、限られた生産量で生み出される最上級品、セレクション・パーセレールが入荷しました。 驚きのパーカー・ポイント高得点連発ワイン が登場ですっ! 思わず、目が点になり、 『スッゲ〜っ!』 と声出てしまいました。 イメージ的には… ( ゜_゜;) こんな感じです(笑) 本当に、ビックリしました!! エルミタージュ ルージュ ル メアル 2015 M.シャプティエ 赤ワイン tp S

スケヴェルドラ ヴィニフィエ パー ジュンコ アライ 2014 セバスチャン リフォーのブドウ使用 白ワイン S

■輸入元様資料より抜粋■ 新井順子とのコラボキュヴェ 、 『石のかけら』 という名のシレックス土壌の貴腐の付いたブドウをボワルカで使用した500Lの古樽で12 ヶ月発酵、そのまま6 ヶ月熟成し 無濾過無清澄 、 SO2無添加 で瓶詰めしました。 憂いあるトパーズの色調から 黄桃やスパイスの香り を感じます。 粘性のある口当りにしっかりとしたアタック、 穏やかな酸がたおやかに流れ蜜の旨みが凝縮味を与えてくれます 。 INFORMATIONNameSancerre Skeveldra Vinifie par Junko Araiブドウ品種ソーヴィニヨン・ブラン生産者名セバスチャン リフォー産地フランス/ロワール/サンセールRegionFrance/Loire/Sancerre内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 業界人もざわめく! 常識を超えた!? ぶっとびサンセール!! フランスのロワール地方 サンセール といえば、爽やかで、涼やかな、ソーヴィニヨン・ブランの魅力を引き出した味わいをイメージする方が、多いはず。 実は、私もそうでした。 でも… とあるワインに出会って、その 常識は、覆された のです! そう、そのワインこそ、 セバスチャン・リフォー のサンセールです!! 初めて、セバスチャン・リフォーのワインに出会った時、トロリとした黄金色に輝く美しい液体に、 目が点に! たちまち、 虜になりました♪ 更に、同じように 衝撃を受けた人々 の、こんな話をキャッチ♪♪ ■セバスチャン・リフォーの巻き起こした衝撃!■ 【衝撃その1】 東京の 『ロワール・ワイン・コンテスト』で、第2位 に輝いた某ソムリエールは、このワインのあまりの 素晴らしさ に、サンセールの固定概念を打ち崩されるほど 衝撃 を受けたとの話をキャッチ! 【衝撃その2】 東京で行われた、インポーターの営業さんが多く集まった会での事。 超有名なブルゴーニュ・ワインなども並ぶ中、 全く無名 の、セバスチャン・リフォーが、皆のハートを鷲づかみし、 当日No.1 の座を獲得!! 【衝撃その3】 業界向けの試飲会での事。 『 すっごい美味しい サンセールがある。』 『 むちゃくちゃ旨い サンセールがあったから早速押さえる。』 と、業界人の間で、セバスチャン・リフォーのワインの 話題で持ちきり に! そして、ご紹介してはや数年。数々のお客様にも、 衝撃の出会い を果たして頂きました。 では何故、彼が、このようなワインのスタイルに辿り着いたのでしょうか。 ■輸入元様資料より抜粋■ セバスチャンの家系は何世代にもわたる農家で、麦や野菜などを栽培する他に酪農も営みチーズやバターを生産していました。本格的にワイン生産を始めたのは父親の代で、実家を継ぐ前に、数年間、ボジョレーにてワイン造りを経験、その後はパリのワインショップ 『ラヴィーニャ』 で働き、沢山の素晴らしい自然派ワインに出会います。 父親の代では2004年から全ての畑で有機栽培を、彼が戻ってからは、 バイオダイナミクス に発展させ2007年に認証を取得。 彼のモットーは、 《自分が飲みたくないものを造らない》 ことです。 第一に 健全なブドウ を栽培しそれを 完熟 させることに注力します。収穫量を徹底して低く抑え発酵は 自然のまま 、従って全てのワインは100%マロラクティック発酵を終えています。 現在、ほぼ全てのサンセールは醸造時に亜硫酸を添加することで二次発酵の発生を抑え、フレッシュなリンゴ酸を残すように造られています。 その類いのサンセールを否定はしませんが、少なくとも彼自身は、とても風変わりでおよそサンセールらしからぬワインを造っているように思われたとしても、実のところは 伝統的 で、かつて50年以上前までは普通に造られていた サンセールの姿を再現 することに努めているのです。 そのため、彼のワインには収穫時からビン詰めに至るまで、全く亜硫酸が添加されておりません。(ただし、クァルトロンだけはビン詰めの際に20mg/Lを添加) 近年は2006年から採用したバイオダイナミクスの結果が特に反映されつつあり、葡萄の 凝縮感 が極めて高いだけではなく 綺麗な酸 が感じられ、 調和のとれた ワインとなっております。 そうなんです。常識を覆す、と思っていたサンセールは、実は、 原点回帰の味わい だったのです。 つまり、今、主流のスタイルと、セバスチャン・リフォーのスタイル。 どっちも、サンセールの姿 なんですね。 皆さんも、 美味しい衝撃体験 、して下さい!! 2007年〜カリテ・フランスのBIO認証を取得 スケヴェルドラ ヴィニフィエ パー ジュンコ アライ 2014 セバスチャン リフォーのブドウ使用 白ワイン S

サウレタス 2011 セバスチャン リフォー 白ワイン S

『ボリュームに圧倒!』 ■ 輸入元様資料より抜粋 ■ 「太陽の下」という意味。 このサウレタスは 2010年VINから日本初上陸になります 。(タカムラには2008年が独占入荷!) 収穫後プレスして タンクで1年間発酵、その後古い樽で1年寝かせます 。 樹齢50年、泥灰白亜石灰岩質土壌。 色は非常に濃い山吹色、フィルター無しのため見た目から透明性は高くありません 。 香はしょっぱなから凄いボリュームです。 熟成した黄桃、アプリコット、オレンジママレード、杏ジャム、チョコレートすらも思わせ、 ソーヴィ二ヨン・ブランの一般的なイメージから程遠いです 。 味わいよりも厚みが先に現れます。酸がこんなに沢山あるのに、 エキスがつまっておりボリュームに圧倒され感じません 。 味わい自体は素朴で自然な、 大きな大きな大〜〜きなワインです 。天然アルコール度数14.34度。 INFORMATIONNameSauletas Sebastien Riffaultブドウ品種ソーヴィニヨン・ブラン生産者名セバスチャン リフォー産地フランス/ロワールRegionFrance/Loire内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 業界人もざわめく! 常識を超えた!? ぶっとびサンセール!! フランスのロワール地方 サンセール といえば、爽やかで、涼やかな、ソーヴィニヨン・ブランの魅力を引き出した味わいをイメージする方が、多いはず。 実は、私もそうでした。 でも… とあるワインに出会って、その 常識は、覆された のです! そう、そのワインこそ、 セバスチャン・リフォー のサンセールです!! 初めて、セバスチャン・リフォーのワインに出会った時、トロリとした黄金色に輝く美しい液体に、 目が点に! たちまち、 虜になりました♪ 更に、同じように 衝撃を受けた人々 の、こんな話をキャッチ♪♪ ■セバスチャン・リフォーの巻き起こした衝撃!■ 【衝撃その1】 東京の 『ロワール・ワイン・コンテスト』で、第2位 に輝いた某ソムリエールは、このワインのあまりの 素晴らしさ に、サンセールの固定概念を打ち崩されるほど 衝撃 を受けたとの話をキャッチ! 【衝撃その2】 東京で行われた、インポーターの営業さんが多く集まった会での事。 超有名なブルゴーニュ・ワインなども並ぶ中、 全く無名 の、セバスチャン・リフォーが、皆のハートを鷲づかみし、 当日No.1 の座を獲得!! 【衝撃その3】 業界向けの試飲会での事。 『 すっごい美味しい サンセールがある。』 『 むちゃくちゃ旨い サンセールがあったから早速押さえる。』 と、業界人の間で、セバスチャン・リフォーのワインの 話題で持ちきり に! そして、ご紹介してはや数年。数々のお客様にも、 衝撃の出会い を果たして頂きました。 では何故、彼が、このようなワインのスタイルに辿り着いたのでしょうか。 ■輸入元様資料より抜粋■ セバスチャンの家系は何世代にもわたる農家で、麦や野菜などを栽培する他に酪農も営みチーズやバターを生産していました。本格的にワイン生産を始めたのは父親の代で、実家を継ぐ前に、数年間、ボジョレーにてワイン造りを経験、その後はパリのワインショップ 『ラヴィーニャ』 で働き、沢山の素晴らしい自然派ワインに出会います。 父親の代では2004年から全ての畑で有機栽培を、彼が戻ってからは、 バイオダイナミクス に発展させ2007年に認証を取得。 彼のモットーは、 《自分が飲みたくないものを造らない》 ことです。 第一に 健全なブドウ を栽培しそれを 完熟 させることに注力します。収穫量を徹底して低く抑え発酵は 自然のまま 、従って全てのワインは100%マロラクティック発酵を終えています。 現在、ほぼ全てのサンセールは醸造時に亜硫酸を添加することで二次発酵の発生を抑え、フレッシュなリンゴ酸を残すように造られています。 その類いのサンセールを否定はしませんが、少なくとも彼自身は、とても風変わりでおよそサンセールらしからぬワインを造っているように思われたとしても、実のところは 伝統的 で、かつて50年以上前までは普通に造られていた サンセールの姿を再現 することに努めているのです。 そのため、彼のワインには収穫時からビン詰めに至るまで、全く亜硫酸が添加されておりません。(ただし、クァルトロンだけはビン詰めの際に20mg/Lを添加) 近年は2006年から採用したバイオダイナミクスの結果が特に反映されつつあり、葡萄の 凝縮感 が極めて高いだけではなく 綺麗な酸 が感じられ、 調和のとれた ワインとなっております。 そうなんです。常識を覆す、と思っていたサンセールは、実は、 原点回帰の味わい だったのです。 つまり、今、主流のスタイルと、セバスチャン・リフォーのスタイル。 どっちも、サンセールの姿 なんですね。 皆さんも、 美味しい衝撃体験 、して下さい!! 2007年〜カリテ・フランスのBIO認証を取得 サウレタス 2011 セバスチャン リフォー 白ワイン S

コート ロティ ラ ブロカール 2000 フランソワ ヴィラール 赤ワイン tp S

INFORMATIONNameCote Rotie La Brocarde Francois Villardブドウ品種シラー/ヴィオニエ生産者名フランソワ・ヴィラール産地フランス/コート・デュ・ローヌ/コート・ロティRegionFrance/Cotes du Rhone/Cote Rotie内容量750mlWA88/Issue 30th Jun 2003WS/Issue ※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating コート ロティ ラ ブロカール 2000 フランソワ ヴィラール 赤ワイン tp S

オクシニス 2011 セバスチャン リフォー 白ワイン S

INFORMATIONNameSancerre Auksinis Sebastien Riffaultブドウ品種ソーヴィニヨン・ブラン生産者名セバスチャン・リフォー産地フランス/ロワールRegionFrance/Loire内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 業界人もざわめく! 常識を超えた!? ぶっとびサンセール!! フランスのロワール地方 サンセール といえば、爽やかで、涼やかな、ソーヴィニヨン・ブランの魅力を引き出した味わいをイメージする方が、多いはず。 実は、私もそうでした。 でも… とあるワインに出会って、その 常識は、覆された のです! そう、そのワインこそ、 セバスチャン・リフォー のサンセールです!! 初めて、セバスチャン・リフォーのワインに出会った時、トロリとした黄金色に輝く美しい液体に、 目が点に! たちまち、 虜になりました♪ 更に、同じように 衝撃を受けた人々 の、こんな話をキャッチ♪♪ ■セバスチャン・リフォーの巻き起こした衝撃!■ 【衝撃その1】 東京の 『ロワール・ワイン・コンテスト』で、第2位 に輝いた某ソムリエールは、このワインのあまりの 素晴らしさ に、サンセールの固定概念を打ち崩されるほど 衝撃 を受けたとの話をキャッチ! 【衝撃その2】 東京で行われた、インポーターの営業さんが多く集まった会での事。 超有名なブルゴーニュ・ワインなども並ぶ中、 全く無名 の、セバスチャン・リフォーが、皆のハートを鷲づかみし、 当日No.1 の座を獲得!! 【衝撃その3】 業界向けの試飲会での事。 『 すっごい美味しい サンセールがある。』 『 むちゃくちゃ旨い サンセールがあったから早速押さえる。』 と、業界人の間で、セバスチャン・リフォーのワインの 話題で持ちきり に! そして、ご紹介してはや数年。数々のお客様にも、 衝撃の出会い を果たして頂きました。 では何故、彼が、このようなワインのスタイルに辿り着いたのでしょうか。 ■輸入元様資料より抜粋■ セバスチャンの家系は何世代にもわたる農家で、麦や野菜などを栽培する他に酪農も営みチーズやバターを生産していました。本格的にワイン生産を始めたのは父親の代で、実家を継ぐ前に、数年間、ボジョレーにてワイン造りを経験、その後はパリのワインショップ 『ラヴィーニャ』 で働き、沢山の素晴らしい自然派ワインに出会います。 父親の代では2004年から全ての畑で有機栽培を、彼が戻ってからは、 バイオダイナミクス に発展させ2007年に認証を取得。 彼のモットーは、 《自分が飲みたくないものを造らない》 ことです。 第一に 健全なブドウ を栽培しそれを 完熟 させることに注力します。収穫量を徹底して低く抑え発酵は 自然のまま 、従って全てのワインは100%マロラクティック発酵を終えています。 現在、ほぼ全てのサンセールは醸造時に亜硫酸を添加することで二次発酵の発生を抑え、フレッシュなリンゴ酸を残すように造られています。 その類いのサンセールを否定はしませんが、少なくとも彼自身は、とても風変わりでおよそサンセールらしからぬワインを造っているように思われたとしても、実のところは 伝統的 で、かつて50年以上前までは普通に造られていた サンセールの姿を再現 することに努めているのです。 そのため、彼のワインには収穫時からビン詰めに至るまで、全く亜硫酸が添加されておりません。(ただし、クァルトロンだけはビン詰めの際に20mg/Lを添加) 近年は2006年から採用したバイオダイナミクスの結果が特に反映されつつあり、葡萄の 凝縮感 が極めて高いだけではなく 綺麗な酸 が感じられ、 調和のとれた ワインとなっております。 そうなんです。常識を覆す、と思っていたサンセールは、実は、 原点回帰の味わい だったのです。 つまり、今、主流のスタイルと、セバスチャン・リフォーのスタイル。 どっちも、サンセールの姿 なんですね。 皆さんも、 美味しい衝撃体験 、して下さい!! 2007年〜カリテ・フランスのBIO認証を取得 オクシニス 2011 セバスチャン リフォー 白ワイン S

コート デュ ローヌ ルージュ 2016 ジャメ 赤ワイン S

■輸入元様資料より抜粋■ ダンピュイというコミューンの丘の高い位置にある区画のブドウ 。 アペラシオン:コートデュローヌ、土壌:片岩 品種:100%シラー 醸造:除梗し2週間マセラシオン 熟成:4-5年ものの樽で12ケ月熟成。 INFORMATIONNameCote du Rhone Rouge Domaine Jametブドウ品種シラー100%生産者名ジャメ産地フランス/ローヌRegionFrance/Rhone内容量750mlWA90/Issue 30th Dec 2017WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 生産量はごく僅か! パーカーも大絶賛の コート・ロティを代表する造り手 ■輸入元様資料より抜粋■ コートロティは北ローヌ地方に位置し、 ローマ人が初めてブドウを栽培した場所 として広く認められています。 アンピュイ村のドメーヌジャメが造るワインは 生産量が非常に限られています 。 ジョセフ・ジャメが1979年にドメーヌを立ち上げ、現在では息子のジャンポールとジャンルークによって運営されています。 この15年間でジャメ兄弟により多くの改善がなされました 。ジャンポールの妻、コリンはワインの瓶詰めと出荷を担当しています。 カーヴでは完全に重力に従って作業を行うため、 ブドウを強くプレスしたり果汁をポンプで汲み上げる事はありません 。 9ヘクタールの畑を所有し、そのうち6ヘクタールの畑の 平均樹齢は25〜50年 です。残りの3ヘクタールは最近植えられました。 使用するブドウの75%はコート・ブリューヌ、残りの25%はコート・ブロンドの畑のものです。 リュットレゾネで栽培 しています。 コート デュ ローヌ ルージュ 2016 ジャメ 赤ワイン S

スケヴェルドラ ヴィニフィエ パー ジュンコ アライ 2014 セバスチャン リフォーのブドウ使用 白ワイン S

■輸入元様資料より抜粋■ 新井順子とのコラボキュヴェ 、 『石のかけら』 という名のシレックス土壌の貴腐の付いたブドウをボワルカで使用した500Lの古樽で12 ヶ月発酵、そのまま6 ヶ月熟成し 無濾過無清澄 、 SO2無添加 で瓶詰めしました。 憂いあるトパーズの色調から 黄桃やスパイスの香り を感じます。 粘性のある口当りにしっかりとしたアタック、 穏やかな酸がたおやかに流れ蜜の旨みが凝縮味を与えてくれます 。 INFORMATIONNameSancerre Skeveldra Vinifie par Junko Araiブドウ品種ソーヴィニヨン・ブラン生産者名セバスチャン リフォー産地フランス/ロワール/サンセールRegionFrance/Loire/Sancerre内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 業界人もざわめく! 常識を超えた!? ぶっとびサンセール!! フランスのロワール地方 サンセール といえば、爽やかで、涼やかな、ソーヴィニヨン・ブランの魅力を引き出した味わいをイメージする方が、多いはず。 実は、私もそうでした。 でも… とあるワインに出会って、その 常識は、覆された のです! そう、そのワインこそ、 セバスチャン・リフォー のサンセールです!! 初めて、セバスチャン・リフォーのワインに出会った時、トロリとした黄金色に輝く美しい液体に、 目が点に! たちまち、 虜になりました♪ 更に、同じように 衝撃を受けた人々 の、こんな話をキャッチ♪♪ ■セバスチャン・リフォーの巻き起こした衝撃!■ 【衝撃その1】 東京の 『ロワール・ワイン・コンテスト』で、第2位 に輝いた某ソムリエールは、このワインのあまりの 素晴らしさ に、サンセールの固定概念を打ち崩されるほど 衝撃 を受けたとの話をキャッチ! 【衝撃その2】 東京で行われた、インポーターの営業さんが多く集まった会での事。 超有名なブルゴーニュ・ワインなども並ぶ中、 全く無名 の、セバスチャン・リフォーが、皆のハートを鷲づかみし、 当日No.1 の座を獲得!! 【衝撃その3】 業界向けの試飲会での事。 『 すっごい美味しい サンセールがある。』 『 むちゃくちゃ旨い サンセールがあったから早速押さえる。』 と、業界人の間で、セバスチャン・リフォーのワインの 話題で持ちきり に! そして、ご紹介してはや数年。数々のお客様にも、 衝撃の出会い を果たして頂きました。 では何故、彼が、このようなワインのスタイルに辿り着いたのでしょうか。 ■輸入元様資料より抜粋■ セバスチャンの家系は何世代にもわたる農家で、麦や野菜などを栽培する他に酪農も営みチーズやバターを生産していました。本格的にワイン生産を始めたのは父親の代で、実家を継ぐ前に、数年間、ボジョレーにてワイン造りを経験、その後はパリのワインショップ 『ラヴィーニャ』 で働き、沢山の素晴らしい自然派ワインに出会います。 父親の代では2004年から全ての畑で有機栽培を、彼が戻ってからは、 バイオダイナミクス に発展させ2007年に認証を取得。 彼のモットーは、 《自分が飲みたくないものを造らない》 ことです。 第一に 健全なブドウ を栽培しそれを 完熟 させることに注力します。収穫量を徹底して低く抑え発酵は 自然のまま 、従って全てのワインは100%マロラクティック発酵を終えています。 現在、ほぼ全てのサンセールは醸造時に亜硫酸を添加することで二次発酵の発生を抑え、フレッシュなリンゴ酸を残すように造られています。 その類いのサンセールを否定はしませんが、少なくとも彼自身は、とても風変わりでおよそサンセールらしからぬワインを造っているように思われたとしても、実のところは 伝統的 で、かつて50年以上前までは普通に造られていた サンセールの姿を再現 することに努めているのです。 そのため、彼のワインには収穫時からビン詰めに至るまで、全く亜硫酸が添加されておりません。(ただし、クァルトロンだけはビン詰めの際に20mg/Lを添加) 近年は2006年から採用したバイオダイナミクスの結果が特に反映されつつあり、葡萄の 凝縮感 が極めて高いだけではなく 綺麗な酸 が感じられ、 調和のとれた ワインとなっております。 そうなんです。常識を覆す、と思っていたサンセールは、実は、 原点回帰の味わい だったのです。 つまり、今、主流のスタイルと、セバスチャン・リフォーのスタイル。 どっちも、サンセールの姿 なんですね。 皆さんも、 美味しい衝撃体験 、して下さい!! 2007年〜カリテ・フランスのBIO認証を取得 スケヴェルドラ ヴィニフィエ パー ジュンコ アライ 2014 セバスチャン リフォーのブドウ使用 白ワイン S

サンセール レ カルトロン 2015 セバスチャン リフォー 白ワイン

■輸入元様資料より抜粋■ 父エチエンヌの時代から続くスタンダードなサンセール、ステンレスタンクで発酵、そのまま 24ヶ月シュールリー熟成 しました。このキュヴェのみ瓶詰め時にSO2を10mg/L添加、軽く濾過し瓶詰めします。 透明感のあるイエローの外観、 パッションフルーツ や マンゴーのアロマ を感じます。まだ固さはありますが、 瑞々しさの中に甘やかさが拡がるカルトロンらしい味わい が沁み入ります。 INFORMATIONNameSancerre Les Quarterons Sebastien Riffaultブドウ品種ソーヴィニヨン・ブラン生産者名セバスチャン リフォー産地フランス/ロワール/サンセールRegionFrance/Loire/Sancerre内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 業界人もざわめく! 常識を超えた!? ぶっとびサンセール!! フランスのロワール地方 サンセール といえば、爽やかで、涼やかな、ソーヴィニヨン・ブランの魅力を引き出した味わいをイメージする方が、多いはず。 実は、私もそうでした。 でも… とあるワインに出会って、その 常識は、覆された のです! そう、そのワインこそ、 セバスチャン・リフォー のサンセールです!! 初めて、セバスチャン・リフォーのワインに出会った時、トロリとした黄金色に輝く美しい液体に、 目が点に! たちまち、 虜になりました♪ 更に、同じように 衝撃を受けた人々 の、こんな話をキャッチ♪♪ ■セバスチャン・リフォーの巻き起こした衝撃!■ 【衝撃その1】 東京の 『ロワール・ワイン・コンテスト』で、第2位 に輝いた某ソムリエールは、このワインのあまりの 素晴らしさ に、サンセールの固定概念を打ち崩されるほど 衝撃 を受けたとの話をキャッチ! 【衝撃その2】 東京で行われた、インポーターの営業さんが多く集まった会での事。 超有名なブルゴーニュ・ワインなども並ぶ中、 全く無名 の、セバスチャン・リフォーが、皆のハートを鷲づかみし、 当日No.1 の座を獲得!! 【衝撃その3】 業界向けの試飲会での事。 『 すっごい美味しい サンセールがある。』 『 むちゃくちゃ旨い サンセールがあったから早速押さえる。』 と、業界人の間で、セバスチャン・リフォーのワインの 話題で持ちきり に! そして、ご紹介してはや数年。数々のお客様にも、 衝撃の出会い を果たして頂きました。 では何故、彼が、このようなワインのスタイルに辿り着いたのでしょうか。 ■輸入元様資料より抜粋■ セバスチャンの家系は何世代にもわたる農家で、麦や野菜などを栽培する他に酪農も営みチーズやバターを生産していました。本格的にワイン生産を始めたのは父親の代で、実家を継ぐ前に、数年間、ボジョレーにてワイン造りを経験、その後はパリのワインショップ 『ラヴィーニャ』 で働き、沢山の素晴らしい自然派ワインに出会います。 父親の代では2004年から全ての畑で有機栽培を、彼が戻ってからは、 バイオダイナミクス に発展させ2007年に認証を取得。 彼のモットーは、 《自分が飲みたくないものを造らない》 ことです。 第一に 健全なブドウ を栽培しそれを 完熟 させることに注力します。収穫量を徹底して低く抑え発酵は 自然のまま 、従って全てのワインは100%マロラクティック発酵を終えています。 現在、ほぼ全てのサンセールは醸造時に亜硫酸を添加することで二次発酵の発生を抑え、フレッシュなリンゴ酸を残すように造られています。 その類いのサンセールを否定はしませんが、少なくとも彼自身は、とても風変わりでおよそサンセールらしからぬワインを造っているように思われたとしても、実のところは 伝統的 で、かつて50年以上前までは普通に造られていた サンセールの姿を再現 することに努めているのです。 そのため、彼のワインには収穫時からビン詰めに至るまで、全く亜硫酸が添加されておりません。(ただし、クァルトロンだけはビン詰めの際に20mg/Lを添加) 近年は2006年から採用したバイオダイナミクスの結果が特に反映されつつあり、葡萄の 凝縮感 が極めて高いだけではなく 綺麗な酸 が感じられ、 調和のとれた ワインとなっております。 そうなんです。常識を覆す、と思っていたサンセールは、実は、 原点回帰の味わい だったのです。 つまり、今、主流のスタイルと、セバスチャン・リフォーのスタイル。 どっちも、サンセールの姿 なんですね。 皆さんも、 美味しい衝撃体験 、して下さい!! 2007年〜カリテ・フランスのBIO認証を取得 サンセール レ カルトロン 2015 セバスチャン リフォー 白ワイン

オクシニス タルディフ 2012 セバスチャン リフォー 白ワイン S

INFORMATIONNameSancerre Auksinis Tardif Sebastien Riffaultブドウ品種ソーヴィニヨン・ブラン生産者名セバスチャン リフォー産地フランス/ロワール/サンセールRegionFrance/Loire/Sancerre内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 業界人もざわめく! 常識を超えた!? ぶっとびサンセール!! フランスのロワール地方 サンセール といえば、爽やかで、涼やかな、ソーヴィニヨン・ブランの魅力を引き出した味わいをイメージする方が、多いはず。 実は、私もそうでした。 でも… とあるワインに出会って、その 常識は、覆された のです! そう、そのワインこそ、 セバスチャン・リフォー のサンセールです!! 初めて、セバスチャン・リフォーのワインに出会った時、トロリとした黄金色に輝く美しい液体に、 目が点に! たちまち、 虜になりました♪ 更に、同じように 衝撃を受けた人々 の、こんな話をキャッチ♪♪ ■セバスチャン・リフォーの巻き起こした衝撃!■ 【衝撃その1】 東京の 『ロワール・ワイン・コンテスト』で、第2位 に輝いた某ソムリエールは、このワインのあまりの 素晴らしさ に、サンセールの固定概念を打ち崩されるほど 衝撃 を受けたとの話をキャッチ! 【衝撃その2】 東京で行われた、インポーターの営業さんが多く集まった会での事。 超有名なブルゴーニュ・ワインなども並ぶ中、 全く無名 の、セバスチャン・リフォーが、皆のハートを鷲づかみし、 当日No.1 の座を獲得!! 【衝撃その3】 業界向けの試飲会での事。 『 すっごい美味しい サンセールがある。』 『 むちゃくちゃ旨い サンセールがあったから早速押さえる。』 と、業界人の間で、セバスチャン・リフォーのワインの 話題で持ちきり に! そして、ご紹介してはや数年。数々のお客様にも、 衝撃の出会い を果たして頂きました。 では何故、彼が、このようなワインのスタイルに辿り着いたのでしょうか。 ■輸入元様資料より抜粋■ セバスチャンの家系は何世代にもわたる農家で、麦や野菜などを栽培する他に酪農も営みチーズやバターを生産していました。本格的にワイン生産を始めたのは父親の代で、実家を継ぐ前に、数年間、ボジョレーにてワイン造りを経験、その後はパリのワインショップ 『ラヴィーニャ』 で働き、沢山の素晴らしい自然派ワインに出会います。 父親の代では2004年から全ての畑で有機栽培を、彼が戻ってからは、 バイオダイナミクス に発展させ2007年に認証を取得。 彼のモットーは、 《自分が飲みたくないものを造らない》 ことです。 第一に 健全なブドウ を栽培しそれを 完熟 させることに注力します。収穫量を徹底して低く抑え発酵は 自然のまま 、従って全てのワインは100%マロラクティック発酵を終えています。 現在、ほぼ全てのサンセールは醸造時に亜硫酸を添加することで二次発酵の発生を抑え、フレッシュなリンゴ酸を残すように造られています。 その類いのサンセールを否定はしませんが、少なくとも彼自身は、とても風変わりでおよそサンセールらしからぬワインを造っているように思われたとしても、実のところは 伝統的 で、かつて50年以上前までは普通に造られていた サンセールの姿を再現 することに努めているのです。 そのため、彼のワインには収穫時からビン詰めに至るまで、全く亜硫酸が添加されておりません。(ただし、クァルトロンだけはビン詰めの際に20mg/Lを添加) 近年は2006年から採用したバイオダイナミクスの結果が特に反映されつつあり、葡萄の 凝縮感 が極めて高いだけではなく 綺麗な酸 が感じられ、 調和のとれた ワインとなっております。 そうなんです。常識を覆す、と思っていたサンセールは、実は、 原点回帰の味わい だったのです。 つまり、今、主流のスタイルと、セバスチャン・リフォーのスタイル。 どっちも、サンセールの姿 なんですね。 皆さんも、 美味しい衝撃体験 、して下さい!! 2007年〜カリテ・フランスのBIO認証を取得 オクシニス タルディフ 2012 セバスチャン リフォー 白ワイン S

オクシニス 2011 セバスチャン リフォー 白ワイン S

INFORMATIONNameSancerre Auksinis Sebastien Riffaultブドウ品種ソーヴィニヨン・ブラン生産者名セバスチャン・リフォー産地フランス/ロワールRegionFrance/Loire内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 業界人もざわめく! 常識を超えた!? ぶっとびサンセール!! フランスのロワール地方 サンセール といえば、爽やかで、涼やかな、ソーヴィニヨン・ブランの魅力を引き出した味わいをイメージする方が、多いはず。 実は、私もそうでした。 でも… とあるワインに出会って、その 常識は、覆された のです! そう、そのワインこそ、 セバスチャン・リフォー のサンセールです!! 初めて、セバスチャン・リフォーのワインに出会った時、トロリとした黄金色に輝く美しい液体に、 目が点に! たちまち、 虜になりました♪ 更に、同じように 衝撃を受けた人々 の、こんな話をキャッチ♪♪ ■セバスチャン・リフォーの巻き起こした衝撃!■ 【衝撃その1】 東京の 『ロワール・ワイン・コンテスト』で、第2位 に輝いた某ソムリエールは、このワインのあまりの 素晴らしさ に、サンセールの固定概念を打ち崩されるほど 衝撃 を受けたとの話をキャッチ! 【衝撃その2】 東京で行われた、インポーターの営業さんが多く集まった会での事。 超有名なブルゴーニュ・ワインなども並ぶ中、 全く無名 の、セバスチャン・リフォーが、皆のハートを鷲づかみし、 当日No.1 の座を獲得!! 【衝撃その3】 業界向けの試飲会での事。 『 すっごい美味しい サンセールがある。』 『 むちゃくちゃ旨い サンセールがあったから早速押さえる。』 と、業界人の間で、セバスチャン・リフォーのワインの 話題で持ちきり に! そして、ご紹介してはや数年。数々のお客様にも、 衝撃の出会い を果たして頂きました。 では何故、彼が、このようなワインのスタイルに辿り着いたのでしょうか。 ■輸入元様資料より抜粋■ セバスチャンの家系は何世代にもわたる農家で、麦や野菜などを栽培する他に酪農も営みチーズやバターを生産していました。本格的にワイン生産を始めたのは父親の代で、実家を継ぐ前に、数年間、ボジョレーにてワイン造りを経験、その後はパリのワインショップ 『ラヴィーニャ』 で働き、沢山の素晴らしい自然派ワインに出会います。 父親の代では2004年から全ての畑で有機栽培を、彼が戻ってからは、 バイオダイナミクス に発展させ2007年に認証を取得。 彼のモットーは、 《自分が飲みたくないものを造らない》 ことです。 第一に 健全なブドウ を栽培しそれを 完熟 させることに注力します。収穫量を徹底して低く抑え発酵は 自然のまま 、従って全てのワインは100%マロラクティック発酵を終えています。 現在、ほぼ全てのサンセールは醸造時に亜硫酸を添加することで二次発酵の発生を抑え、フレッシュなリンゴ酸を残すように造られています。 その類いのサンセールを否定はしませんが、少なくとも彼自身は、とても風変わりでおよそサンセールらしからぬワインを造っているように思われたとしても、実のところは 伝統的 で、かつて50年以上前までは普通に造られていた サンセールの姿を再現 することに努めているのです。 そのため、彼のワインには収穫時からビン詰めに至るまで、全く亜硫酸が添加されておりません。(ただし、クァルトロンだけはビン詰めの際に20mg/Lを添加) 近年は2006年から採用したバイオダイナミクスの結果が特に反映されつつあり、葡萄の 凝縮感 が極めて高いだけではなく 綺麗な酸 が感じられ、 調和のとれた ワインとなっております。 そうなんです。常識を覆す、と思っていたサンセールは、実は、 原点回帰の味わい だったのです。 つまり、今、主流のスタイルと、セバスチャン・リフォーのスタイル。 どっちも、サンセールの姿 なんですね。 皆さんも、 美味しい衝撃体験 、して下さい!! 2007年〜カリテ・フランスのBIO認証を取得 オクシニス 2011 セバスチャン リフォー 白ワイン S

オクシニス 2014 セバスチャン リフォー 白ワイン S

INFORMATIONNameSancerre Auksinis Sebastien Riffaultブドウ品種ソーヴィニヨン・ブラン生産者名セバスチャン リフォー産地フランス/ロワール/サンセールRegionFrance/Loire/Sancerre内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 業界人もざわめく! 常識を超えた!? ぶっとびサンセール!! フランスのロワール地方 サンセール といえば、爽やかで、涼やかな、ソーヴィニヨン・ブランの魅力を引き出した味わいをイメージする方が、多いはず。 実は、私もそうでした。 でも… とあるワインに出会って、その 常識は、覆された のです! そう、そのワインこそ、 セバスチャン・リフォー のサンセールです!! 初めて、セバスチャン・リフォーのワインに出会った時、トロリとした黄金色に輝く美しい液体に、 目が点に! たちまち、 虜になりました♪ 更に、同じように 衝撃を受けた人々 の、こんな話をキャッチ♪♪ ■セバスチャン・リフォーの巻き起こした衝撃!■ 【衝撃その1】 東京の 『ロワール・ワイン・コンテスト』で、第2位 に輝いた某ソムリエールは、このワインのあまりの 素晴らしさ に、サンセールの固定概念を打ち崩されるほど 衝撃 を受けたとの話をキャッチ! 【衝撃その2】 東京で行われた、インポーターの営業さんが多く集まった会での事。 超有名なブルゴーニュ・ワインなども並ぶ中、 全く無名 の、セバスチャン・リフォーが、皆のハートを鷲づかみし、 当日No.1 の座を獲得!! 【衝撃その3】 業界向けの試飲会での事。 『 すっごい美味しい サンセールがある。』 『 むちゃくちゃ旨い サンセールがあったから早速押さえる。』 と、業界人の間で、セバスチャン・リフォーのワインの 話題で持ちきり に! そして、ご紹介してはや数年。数々のお客様にも、 衝撃の出会い を果たして頂きました。 では何故、彼が、このようなワインのスタイルに辿り着いたのでしょうか。 ■輸入元様資料より抜粋■ セバスチャンの家系は何世代にもわたる農家で、麦や野菜などを栽培する他に酪農も営みチーズやバターを生産していました。本格的にワイン生産を始めたのは父親の代で、実家を継ぐ前に、数年間、ボジョレーにてワイン造りを経験、その後はパリのワインショップ 『ラヴィーニャ』 で働き、沢山の素晴らしい自然派ワインに出会います。 父親の代では2004年から全ての畑で有機栽培を、彼が戻ってからは、 バイオダイナミクス に発展させ2007年に認証を取得。 彼のモットーは、 《自分が飲みたくないものを造らない》 ことです。 第一に 健全なブドウ を栽培しそれを 完熟 させることに注力します。収穫量を徹底して低く抑え発酵は 自然のまま 、従って全てのワインは100%マロラクティック発酵を終えています。 現在、ほぼ全てのサンセールは醸造時に亜硫酸を添加することで二次発酵の発生を抑え、フレッシュなリンゴ酸を残すように造られています。 その類いのサンセールを否定はしませんが、少なくとも彼自身は、とても風変わりでおよそサンセールらしからぬワインを造っているように思われたとしても、実のところは 伝統的 で、かつて50年以上前までは普通に造られていた サンセールの姿を再現 することに努めているのです。 そのため、彼のワインには収穫時からビン詰めに至るまで、全く亜硫酸が添加されておりません。(ただし、クァルトロンだけはビン詰めの際に20mg/Lを添加) 近年は2006年から採用したバイオダイナミクスの結果が特に反映されつつあり、葡萄の 凝縮感 が極めて高いだけではなく 綺麗な酸 が感じられ、 調和のとれた ワインとなっております。 そうなんです。常識を覆す、と思っていたサンセールは、実は、 原点回帰の味わい だったのです。 つまり、今、主流のスタイルと、セバスチャン・リフォーのスタイル。 どっちも、サンセールの姿 なんですね。 皆さんも、 美味しい衝撃体験 、して下さい!! 2007年〜カリテ・フランスのBIO認証を取得 オクシニス 2014 セバスチャン リフォー 白ワイン S

オクシニス マセラシオン 2013 セバスチャン リフォー 白ワイン S

INFORMATIONNameSancerre Auksinis Maceration Sebastien Riffaultブドウ品種ソーヴィニヨン・ブラン生産者名セバスチャン リフォー産地フランス/ロワール/サンセールRegionFrance/Loire/Sancerre内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 業界人もざわめく! 常識を超えた!? ぶっとびサンセール!! フランスのロワール地方 サンセール といえば、爽やかで、涼やかな、ソーヴィニヨン・ブランの魅力を引き出した味わいをイメージする方が、多いはず。 実は、私もそうでした。 でも… とあるワインに出会って、その 常識は、覆された のです! そう、そのワインこそ、 セバスチャン・リフォー のサンセールです!! 初めて、セバスチャン・リフォーのワインに出会った時、トロリとした黄金色に輝く美しい液体に、 目が点に! たちまち、 虜になりました♪ 更に、同じように 衝撃を受けた人々 の、こんな話をキャッチ♪♪ ■セバスチャン・リフォーの巻き起こした衝撃!■ 【衝撃その1】 東京の 『ロワール・ワイン・コンテスト』で、第2位 に輝いた某ソムリエールは、このワインのあまりの 素晴らしさ に、サンセールの固定概念を打ち崩されるほど 衝撃 を受けたとの話をキャッチ! 【衝撃その2】 東京で行われた、インポーターの営業さんが多く集まった会での事。 超有名なブルゴーニュ・ワインなども並ぶ中、 全く無名 の、セバスチャン・リフォーが、皆のハートを鷲づかみし、 当日No.1 の座を獲得!! 【衝撃その3】 業界向けの試飲会での事。 『 すっごい美味しい サンセールがある。』 『 むちゃくちゃ旨い サンセールがあったから早速押さえる。』 と、業界人の間で、セバスチャン・リフォーのワインの 話題で持ちきり に! そして、ご紹介してはや数年。数々のお客様にも、 衝撃の出会い を果たして頂きました。 では何故、彼が、このようなワインのスタイルに辿り着いたのでしょうか。 ■輸入元様資料より抜粋■ セバスチャンの家系は何世代にもわたる農家で、麦や野菜などを栽培する他に酪農も営みチーズやバターを生産していました。本格的にワイン生産を始めたのは父親の代で、実家を継ぐ前に、数年間、ボジョレーにてワイン造りを経験、その後はパリのワインショップ 『ラヴィーニャ』 で働き、沢山の素晴らしい自然派ワインに出会います。 父親の代では2004年から全ての畑で有機栽培を、彼が戻ってからは、 バイオダイナミクス に発展させ2007年に認証を取得。 彼のモットーは、 《自分が飲みたくないものを造らない》 ことです。 第一に 健全なブドウ を栽培しそれを 完熟 させることに注力します。収穫量を徹底して低く抑え発酵は 自然のまま 、従って全てのワインは100%マロラクティック発酵を終えています。 現在、ほぼ全てのサンセールは醸造時に亜硫酸を添加することで二次発酵の発生を抑え、フレッシュなリンゴ酸を残すように造られています。 その類いのサンセールを否定はしませんが、少なくとも彼自身は、とても風変わりでおよそサンセールらしからぬワインを造っているように思われたとしても、実のところは 伝統的 で、かつて50年以上前までは普通に造られていた サンセールの姿を再現 することに努めているのです。 そのため、彼のワインには収穫時からビン詰めに至るまで、全く亜硫酸が添加されておりません。(ただし、クァルトロンだけはビン詰めの際に20mg/Lを添加) 近年は2006年から採用したバイオダイナミクスの結果が特に反映されつつあり、葡萄の 凝縮感 が極めて高いだけではなく 綺麗な酸 が感じられ、 調和のとれた ワインとなっております。 そうなんです。常識を覆す、と思っていたサンセールは、実は、 原点回帰の味わい だったのです。 つまり、今、主流のスタイルと、セバスチャン・リフォーのスタイル。 どっちも、サンセールの姿 なんですね。 皆さんも、 美味しい衝撃体験 、して下さい!! 2007年〜カリテ・フランスのBIO認証を取得 オクシニス マセラシオン 2013 セバスチャン リフォー 白ワイン S

セ タン ブラン 2017 リエッシュ1000ml 白ワイン

INFORMATIONNameC'est un Blanc Le Litre Rietschブドウ品種シルヴァネール/リースリング/オーセロワ生産者名リエッシュ産地フランス/アルザスRegionFrance/Alsace内容量1000mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 《アルザスの純真》 伝統的なワインから ナチュラルヘ ■輸入元様資料より抜粋■ 《アルザスの純真》 アルザス地方ミッテルベルカイムは 「フランスで最も美しい村のひとつ」 素朴でこじんまりとしてますが伝統的な街並みがとても美しい村にリエッシュはあります。 リエッシュ家の人たちはもの静かで素直。育ちの良さが伝わってきます。 美しい酸 と ミネラル を感じる伝統的なスタイルのワインから、酸化防止剤無添加・醸し期間を長くとった実験的なワインなど、年々 ナチュラル な方向へ向かっています。 エチケットは家の裏に住む女性アーティストがデザインしたもの。 セ タン ブラン 2017 リエッシュ1000ml 白ワイン

エス ピー 2013 ラ グランド コリーヌ 白ワイン

ご 購 入 の 前 に こちらの商品は、キャップシールは付いておりません。 ■輸入元様資料より抜粋■ *2016年6月に入荷し、約2年1ヶ月倉庫で休ませて今回のご案内となります。 しっかりとした濃い黄色。 2000年代前半のサン・ペレを彷彿とさせるボリューム感や 熟した黄色いリンゴ や 軽く火を通したカリン のような果実の香りに仄かに酸化的な香りが混ざります。その奥に南の果実を想わせる甘さ控えめのコンポートや白ブドウなどの香りも見え隠れしており、開いてくると 蜂蜜のような香り や深みが増していくように感じられます。 円みを帯び膨らみのある果実味と厚みのあるボディですが、 酸は1本中心をすっと通り抜けるようなシャープさ がありキレの良さを感じさせ、アフターには果実の風味が長く残ります。 ここ近年のサン・ペレやSPの多くは皮付きのマスカットぶどうなどを頬張った時のような、爽やかで若々しいフルーティさを持つ雰囲気でしたが、この2013年は深みのある ジュラワインのような雰囲気 を感じさせ、 ゆっくりと楽しめる上品な仕上がり となっております。 INFORMATIONNameSP La Grande Collineブドウ品種マルサンヌ生産者名ラ グランド コリーヌ産地フランス/ローヌRegionFrance/Rhone内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating エス ピー 2013 ラ グランド コリーヌ 白ワイン

オクシニス 2011 セバスチャン リフォー 白ワイン S

INFORMATIONNameSancerre Auksinis Sebastien Riffaultブドウ品種ソーヴィニヨン・ブラン生産者名セバスチャン・リフォー産地フランス/ロワールRegionFrance/Loire内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 業界人もざわめく! 常識を超えた!? ぶっとびサンセール!! フランスのロワール地方 サンセール といえば、爽やかで、涼やかな、ソーヴィニヨン・ブランの魅力を引き出した味わいをイメージする方が、多いはず。 実は、私もそうでした。 でも… とあるワインに出会って、その 常識は、覆された のです! そう、そのワインこそ、 セバスチャン・リフォー のサンセールです!! 初めて、セバスチャン・リフォーのワインに出会った時、トロリとした黄金色に輝く美しい液体に、 目が点に! たちまち、 虜になりました♪ 更に、同じように 衝撃を受けた人々 の、こんな話をキャッチ♪♪ ■セバスチャン・リフォーの巻き起こした衝撃!■ 【衝撃その1】 東京の 『ロワール・ワイン・コンテスト』で、第2位 に輝いた某ソムリエールは、このワインのあまりの 素晴らしさ に、サンセールの固定概念を打ち崩されるほど 衝撃 を受けたとの話をキャッチ! 【衝撃その2】 東京で行われた、インポーターの営業さんが多く集まった会での事。 超有名なブルゴーニュ・ワインなども並ぶ中、 全く無名 の、セバスチャン・リフォーが、皆のハートを鷲づかみし、 当日No.1 の座を獲得!! 【衝撃その3】 業界向けの試飲会での事。 『 すっごい美味しい サンセールがある。』 『 むちゃくちゃ旨い サンセールがあったから早速押さえる。』 と、業界人の間で、セバスチャン・リフォーのワインの 話題で持ちきり に! そして、ご紹介してはや数年。数々のお客様にも、 衝撃の出会い を果たして頂きました。 では何故、彼が、このようなワインのスタイルに辿り着いたのでしょうか。 ■輸入元様資料より抜粋■ セバスチャンの家系は何世代にもわたる農家で、麦や野菜などを栽培する他に酪農も営みチーズやバターを生産していました。本格的にワイン生産を始めたのは父親の代で、実家を継ぐ前に、数年間、ボジョレーにてワイン造りを経験、その後はパリのワインショップ 『ラヴィーニャ』 で働き、沢山の素晴らしい自然派ワインに出会います。 父親の代では2004年から全ての畑で有機栽培を、彼が戻ってからは、 バイオダイナミクス に発展させ2007年に認証を取得。 彼のモットーは、 《自分が飲みたくないものを造らない》 ことです。 第一に 健全なブドウ を栽培しそれを 完熟 させることに注力します。収穫量を徹底して低く抑え発酵は 自然のまま 、従って全てのワインは100%マロラクティック発酵を終えています。 現在、ほぼ全てのサンセールは醸造時に亜硫酸を添加することで二次発酵の発生を抑え、フレッシュなリンゴ酸を残すように造られています。 その類いのサンセールを否定はしませんが、少なくとも彼自身は、とても風変わりでおよそサンセールらしからぬワインを造っているように思われたとしても、実のところは 伝統的 で、かつて50年以上前までは普通に造られていた サンセールの姿を再現 することに努めているのです。 そのため、彼のワインには収穫時からビン詰めに至るまで、全く亜硫酸が添加されておりません。(ただし、クァルトロンだけはビン詰めの際に20mg/Lを添加) 近年は2006年から採用したバイオダイナミクスの結果が特に反映されつつあり、葡萄の 凝縮感 が極めて高いだけではなく 綺麗な酸 が感じられ、 調和のとれた ワインとなっております。 そうなんです。常識を覆す、と思っていたサンセールは、実は、 原点回帰の味わい だったのです。 つまり、今、主流のスタイルと、セバスチャン・リフォーのスタイル。 どっちも、サンセールの姿 なんですね。 皆さんも、 美味しい衝撃体験 、して下さい!! 2007年〜カリテ・フランスのBIO認証を取得 オクシニス 2011 セバスチャン リフォー 白ワイン S

シルヴァネール ヴィエイユ ヴィーニュV.V. 2011 リエッシュ 白ワイン S

INFORMATIONNameSylvaner Vieilles Vignes V.V. Rietschブドウ品種シルヴァネール生産者名リエッシュ産地フランス/アルザスRegionFrance/Alsace内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 《アルザスの純真》 伝統的なワインから ナチュラルヘ ■輸入元様資料より抜粋■ 《アルザスの純真》 アルザス地方ミッテルベルカイムは 「フランスで最も美しい村のひとつ」 素朴でこじんまりとしてますが伝統的な街並みがとても美しい村にリエッシュはあります。 リエッシュ家の人たちはもの静かで素直。育ちの良さが伝わってきます。 美しい酸 と ミネラル を感じる伝統的なスタイルのワインから、酸化防止剤無添加・醸し期間を長くとった実験的なワインなど、年々 ナチュラル な方向へ向かっています。 エチケットは家の裏に住む女性アーティストがデザインしたもの。 シルヴァネール ヴィエイユ ヴィーニュV.V. 2011 リエッシュ 白ワイン S

スケヴェルドラ 2014 セバスチャン リフォー 白ワイン S

INFORMATIONNameSancerre Skeveldra Sebastien Riffaultブドウ品種ソーヴィニヨン・ブラン生産者名セバスチャン リフォー産地フランス/ロワール/サンセールRegionFrance/Loire/Sancerre内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 業界人もざわめく! 常識を超えた!? ぶっとびサンセール!! フランスのロワール地方 サンセール といえば、爽やかで、涼やかな、ソーヴィニヨン・ブランの魅力を引き出した味わいをイメージする方が、多いはず。 実は、私もそうでした。 でも… とあるワインに出会って、その 常識は、覆された のです! そう、そのワインこそ、 セバスチャン・リフォー のサンセールです!! 初めて、セバスチャン・リフォーのワインに出会った時、トロリとした黄金色に輝く美しい液体に、 目が点に! たちまち、 虜になりました♪ 更に、同じように 衝撃を受けた人々 の、こんな話をキャッチ♪♪ ■セバスチャン・リフォーの巻き起こした衝撃!■ 【衝撃その1】 東京の 『ロワール・ワイン・コンテスト』で、第2位 に輝いた某ソムリエールは、このワインのあまりの 素晴らしさ に、サンセールの固定概念を打ち崩されるほど 衝撃 を受けたとの話をキャッチ! 【衝撃その2】 東京で行われた、インポーターの営業さんが多く集まった会での事。 超有名なブルゴーニュ・ワインなども並ぶ中、 全く無名 の、セバスチャン・リフォーが、皆のハートを鷲づかみし、 当日No.1 の座を獲得!! 【衝撃その3】 業界向けの試飲会での事。 『 すっごい美味しい サンセールがある。』 『 むちゃくちゃ旨い サンセールがあったから早速押さえる。』 と、業界人の間で、セバスチャン・リフォーのワインの 話題で持ちきり に! そして、ご紹介してはや数年。数々のお客様にも、 衝撃の出会い を果たして頂きました。 では何故、彼が、このようなワインのスタイルに辿り着いたのでしょうか。 ■輸入元様資料より抜粋■ セバスチャンの家系は何世代にもわたる農家で、麦や野菜などを栽培する他に酪農も営みチーズやバターを生産していました。本格的にワイン生産を始めたのは父親の代で、実家を継ぐ前に、数年間、ボジョレーにてワイン造りを経験、その後はパリのワインショップ 『ラヴィーニャ』 で働き、沢山の素晴らしい自然派ワインに出会います。 父親の代では2004年から全ての畑で有機栽培を、彼が戻ってからは、 バイオダイナミクス に発展させ2007年に認証を取得。 彼のモットーは、 《自分が飲みたくないものを造らない》 ことです。 第一に 健全なブドウ を栽培しそれを 完熟 させることに注力します。収穫量を徹底して低く抑え発酵は 自然のまま 、従って全てのワインは100%マロラクティック発酵を終えています。 現在、ほぼ全てのサンセールは醸造時に亜硫酸を添加することで二次発酵の発生を抑え、フレッシュなリンゴ酸を残すように造られています。 その類いのサンセールを否定はしませんが、少なくとも彼自身は、とても風変わりでおよそサンセールらしからぬワインを造っているように思われたとしても、実のところは 伝統的 で、かつて50年以上前までは普通に造られていた サンセールの姿を再現 することに努めているのです。 そのため、彼のワインには収穫時からビン詰めに至るまで、全く亜硫酸が添加されておりません。(ただし、クァルトロンだけはビン詰めの際に20mg/Lを添加) 近年は2006年から採用したバイオダイナミクスの結果が特に反映されつつあり、葡萄の 凝縮感 が極めて高いだけではなく 綺麗な酸 が感じられ、 調和のとれた ワインとなっております。 そうなんです。常識を覆す、と思っていたサンセールは、実は、 原点回帰の味わい だったのです。 つまり、今、主流のスタイルと、セバスチャン・リフォーのスタイル。 どっちも、サンセールの姿 なんですね。 皆さんも、 美味しい衝撃体験 、して下さい!! 2007年〜カリテ・フランスのBIO認証を取得 スケヴェルドラ 2014 セバスチャン リフォー 白ワイン S

スケヴェルドラ ヴィニフィエ パー ジュンコ アライ 2014 セバスチャン リフォーのブドウ使用 白ワイン S

■輸入元様資料より抜粋■ 新井順子とのコラボキュヴェ 、 『石のかけら』 という名のシレックス土壌の貴腐の付いたブドウをボワルカで使用した500Lの古樽で12 ヶ月発酵、そのまま6 ヶ月熟成し 無濾過無清澄 、 SO2無添加 で瓶詰めしました。 憂いあるトパーズの色調から 黄桃やスパイスの香り を感じます。 粘性のある口当りにしっかりとしたアタック、 穏やかな酸がたおやかに流れ蜜の旨みが凝縮味を与えてくれます 。 INFORMATIONNameSancerre Skeveldra Vinifie par Junko Araiブドウ品種ソーヴィニヨン・ブラン生産者名セバスチャン リフォー産地フランス/ロワール/サンセールRegionFrance/Loire/Sancerre内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 業界人もざわめく! 常識を超えた!? ぶっとびサンセール!! フランスのロワール地方 サンセール といえば、爽やかで、涼やかな、ソーヴィニヨン・ブランの魅力を引き出した味わいをイメージする方が、多いはず。 実は、私もそうでした。 でも… とあるワインに出会って、その 常識は、覆された のです! そう、そのワインこそ、 セバスチャン・リフォー のサンセールです!! 初めて、セバスチャン・リフォーのワインに出会った時、トロリとした黄金色に輝く美しい液体に、 目が点に! たちまち、 虜になりました♪ 更に、同じように 衝撃を受けた人々 の、こんな話をキャッチ♪♪ ■セバスチャン・リフォーの巻き起こした衝撃!■ 【衝撃その1】 東京の 『ロワール・ワイン・コンテスト』で、第2位 に輝いた某ソムリエールは、このワインのあまりの 素晴らしさ に、サンセールの固定概念を打ち崩されるほど 衝撃 を受けたとの話をキャッチ! 【衝撃その2】 東京で行われた、インポーターの営業さんが多く集まった会での事。 超有名なブルゴーニュ・ワインなども並ぶ中、 全く無名 の、セバスチャン・リフォーが、皆のハートを鷲づかみし、 当日No.1 の座を獲得!! 【衝撃その3】 業界向けの試飲会での事。 『 すっごい美味しい サンセールがある。』 『 むちゃくちゃ旨い サンセールがあったから早速押さえる。』 と、業界人の間で、セバスチャン・リフォーのワインの 話題で持ちきり に! そして、ご紹介してはや数年。数々のお客様にも、 衝撃の出会い を果たして頂きました。 では何故、彼が、このようなワインのスタイルに辿り着いたのでしょうか。 ■輸入元様資料より抜粋■ セバスチャンの家系は何世代にもわたる農家で、麦や野菜などを栽培する他に酪農も営みチーズやバターを生産していました。本格的にワイン生産を始めたのは父親の代で、実家を継ぐ前に、数年間、ボジョレーにてワイン造りを経験、その後はパリのワインショップ 『ラヴィーニャ』 で働き、沢山の素晴らしい自然派ワインに出会います。 父親の代では2004年から全ての畑で有機栽培を、彼が戻ってからは、 バイオダイナミクス に発展させ2007年に認証を取得。 彼のモットーは、 《自分が飲みたくないものを造らない》 ことです。 第一に 健全なブドウ を栽培しそれを 完熟 させることに注力します。収穫量を徹底して低く抑え発酵は 自然のまま 、従って全てのワインは100%マロラクティック発酵を終えています。 現在、ほぼ全てのサンセールは醸造時に亜硫酸を添加することで二次発酵の発生を抑え、フレッシュなリンゴ酸を残すように造られています。 その類いのサンセールを否定はしませんが、少なくとも彼自身は、とても風変わりでおよそサンセールらしからぬワインを造っているように思われたとしても、実のところは 伝統的 で、かつて50年以上前までは普通に造られていた サンセールの姿を再現 することに努めているのです。 そのため、彼のワインには収穫時からビン詰めに至るまで、全く亜硫酸が添加されておりません。(ただし、クァルトロンだけはビン詰めの際に20mg/Lを添加) 近年は2006年から採用したバイオダイナミクスの結果が特に反映されつつあり、葡萄の 凝縮感 が極めて高いだけではなく 綺麗な酸 が感じられ、 調和のとれた ワインとなっております。 そうなんです。常識を覆す、と思っていたサンセールは、実は、 原点回帰の味わい だったのです。 つまり、今、主流のスタイルと、セバスチャン・リフォーのスタイル。 どっちも、サンセールの姿 なんですね。 皆さんも、 美味しい衝撃体験 、して下さい!! 2007年〜カリテ・フランスのBIO認証を取得 スケヴェルドラ ヴィニフィエ パー ジュンコ アライ 2014 セバスチャン リフォーのブドウ使用 白ワイン S